夏休みの旅行

家らへんに巣食ってるスズメバチさん達をおいて旅行に出たよ。

 

天の川を見に行きたい。実は私天の川を見たことがな〜い!子供の頃天の川はファンタジーだと思ってた。高度成長期のスモッグ吸ってた神奈川県人だからそんなもんかもと思うのですが、息子が高校生の頃ウィスコンシン州の超ど田舎(牛しかいない)に留学してたとき、驚いてメールしてきた。「天の川って本当にあるんだね〜!ビックリした」って。そうか、息子も見ていないんだ。北鎌倉も結構都会なんだ、空気も良くないかも知らんが明るすぎなんですね。そんなわけで、いつか天の川をハッキリ見たいと思っていたのです。最近阿智村ってのが、星空で有名、調べてみたら、すごい人気で予約のチケット必須。リフトで高い山へ登って、そこに星空観察用のカフェやら、星空グッズのお店やら、ギャラリーとかもあって、星空ショーをしてくれるらしい。ショーが始まると周りの電灯が一斉に消えて、空の無数の星が浮き上がって見えるらしいのよ。そこで「おお〜〜っ」となるらしいのよ〜。星のお兄さんみたいな人が、レーザーペンみたいなもので色々説明してくれるから、夏休みは混んで大変だろうな。うちの場合、折角の星のお兄さんの説明も夫には日本語リスニング教室みたいになっちゃいそうだし。万一マイクを握って離さない系の星のお兄さんに当たっちゃったら何気にがっかりだし。結局阿智村はやめて、テキトーに前日でも予約でき、テキトーに良いスポットに車で連れてってくれるという志賀高原のスキー宿にしたのです。

 

で、頑張って高速や山道を走って走って、楽しみにしてた夜が来て、さあ!と空を見たら、昼間はきれいに晴れているくせに曇ってくるのだ.。宿の人は山の天気は気まぐれだから1時間も待てばさ〜っと晴れることもある、と。山の常識すごいな….。しかし2泊とも、ちょいちょい空を見ながら待ったけど、全然晴れなかったです。星は気まぐれ、またどこか出かけて偶然見られることを祈るよ….。

 

でも、たった2日間でも、山の色々楽しめました。地球って本当にきれいですね。ドキドキしながら白根山の地獄のような山肌を見ながらドライブしたし、猿や蛇や蛍も見たし、虫も色々…..トンボとか。あ、横手山の頂上に着いたら、肩のところがモゾモゾしてチクっと来たのだった。ちょうど蜂恐怖症になっていたから、「キャ〜っ、蜂だ!!!!」と、老いも若きも和んでいるその面前で、コットンのセーター、シャツ、Tシャツと次々脱ぎまくってしまった。とうとう最後のタンクトップの肩の下にそれはいただよ。なんのことはない、ただのカミキリムシでした。でも4センチくらいはあったけど、泣。リフトのおじいちゃん達がババアのストリップに大笑いしてた。カミキリムシも一応噛むんですよね。子供の頃庭にいちじくの木があって、よく手軽に採集して噛まれてたな。毒はないからチクっとするだけなんだけど。……蜂恐怖症って恐ろしい。本来カミキリムシ程度には全然ビクつかない虫好きなんだよ、信じてね。

 

で、旅に出ると太るね。帰って、2キロオーバーしてた。宿泊施設って、夜なんか盛り合わせ一皿とビールでいいのにな….。朝ごはんも、コーヒーとパン一個(でも美味しいのじゃなくちゃいけないw)でいいの。だったらよく歩くから痩せるはずなんだよ〜、そういうメニュー気軽に出てきて、古くさい時間止まったようなとこに延々ゴロゴロ連泊したい自分です。

 

 

本当に良い景色、by 山のおばあちゃん少女

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

 

| 旅行したいな | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0)
奈良旅行 その2

続きブログにしようと思いながら、いつもの通りすっかり遅くなってしまいました。奈良で鹿まみれの後、大仏とか、春日大社とか、大神神社とか、石上神社とか、飛鳥大仏とか、石舞台とか、美味しい奈良野菜のレストランとか、濃ゆすぎる観光がタップリできて、感謝感激。

 

鹿がたくさんいるあたりに中国人観光客さんがこれでもかと来てました。鹿せんべいをやってめちゃくちゃ嬉しそう。やっぱり同じ東洋人だからか、私は欧米観光客に比べ中国人観光客の方がコミュニケーションしやすいな。言葉もわかんないのに不思議です。鹿せんべいを包装のまま鹿にバクッと盗られてしまった男子、私がついぷぷっ、と笑ってしまったら、向こうも大笑いで返してくれた。他のグループともなんだかんだで笑いあって楽しかったな。欧米観光客は、「日本人はシャイで、よもや話しかけると凍りついてしまいます」みたいな事前知識が広まっているのかしら。鎌倉あたりでも、グループでガードが固いように見えます。買い物にも特徴があって、欧米の観光客は土産物とか買わない〜〜...ような印象。夫の関係で鎌倉案内などするときも、まず土産は買わないし、お金を使うのを避けているようなノダ。下手すると、日本じゃこの超メジャーなカードが使えない!とか騒いで、夫が全部負担したことなんども…泣。その人たち実はかな〜りのお金持ちだったりするので、私は少々イラっとしてしまう。「大仏前で子供に手裏剣くらい買ってけよ〜」「鳩サブレー、可愛いんだから奮発しようよ〜w」とか。もしかしたら都内のアンティークやさんではプラチナカードで変な仏像とか

買っているのかもしれません。そんなこと多々体験している自分なので、中国人観光客さんたちが、ガシガシ鹿せんべいをお買い求めになっているのには、クスリと嬉しかった。それだけじゃなくて何よりとっても楽しそうだったから、私も鹿も嬉しかった。そうそう、旅に出たらお賽銭と思って、身のほど程度にお金を落として行くのが東洋人の礼儀ですよねw とか言っちゃったぜ、ははは。

 

で、鹿の背中のゴワゴワさ加減と、バッグに付けられた泥んこの口型がまだ生々しく残っているこの数日です。奈良ってすごいね!!!!帰ってきたら一言…「鎌倉、ちっさ…」長谷の通りで「大仏」バナーがいっぱいぶら下がっているのを見て、「中仏だろ〜が〜」と悲しいツッコミを入れてしまう自分。カルチャーショックからまだ立ち直っていません。奈良時代、大陸のスケールで何でもかんでも作っちゃいましたぁ。それが、遷都のおかげでほとんど残っちゃいましたぁ!っていう貴重な遺産なんでしょうね。また行きたいなぁ。暑い中足を棒にして歩き回ったけど、法隆寺には辿り付けなかったもんね。ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜ン。

 

 

小さいし、電線が入ってしまった。鹿の群れとウェディング写真撮ってるカップルに遭遇。おめでと〜〜〜💌 お幸せに!

| 旅行したいな | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0)
奈良旅行、古墳巡り...のはずが。

奈良旅行。出不精なので、海外はおろか、関東圏にしか出かけていなかったのですが、久しぶりに大井川を超えた。弥次喜多道中の大井川、そして、名古屋、京都を通って奈良まで。あ〜♪ 演歌みたいだな。新幹線では小学生みたいに窓にかぶりつき。何をそんなに見ているのかって、古墳を探しているのです。途中の田んぼなどにこんもり小山があると、あれは古墳かな?とGoogle mapで探してしまう。関東にも思いの外たくさんの古墳があるけど、本場の古墳のふるさと、奈良に向かってワクワクしました。奈良の地図は、ちょっと見るだけでも昔のままの古墳がうじゃうじゃ、過去には古墳だったみたいな怪しい水場もたくさんあるしね。数週間前に、偶然見たネットの宣伝であまり考えずに予約してしまったのは、古墳が私に手招きしてくれたのダ。

 

地球上で小さめな国なのに、古墳は変に大きい、それから形も大好きです。数年前にさきたま古墳群に行って、お〜〜〜〜っ!こんな面白いものがみのまわりにあったのかと感激し、心にずっとしまってました。未発掘で中がわからないような神秘性も、まあすごいと思う。と同時に早く調査して、いろんな論争を一旦解決してよ、とも思うんだけど。

 

ところが、奈良についたら、結局その広さ巨大さ、そしておりしもの灼熱の熱中症地獄、結局、あ、ここにも素敵な古墳!みたいな古墳堪能旅はおあずけになってしまいました。かわりに鹿にたくさんせんべいをやってきました。

 

つづく、....はずです。

 

| 旅行したいな | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0)