今年の暮れはしっかり掃除した。

重曹を使って、今年はしっかり大掃除しました。短い時間かもしれないけど、ガッツリ働いて、がしがしやった。生協から重曹の大袋を前に買って持っていたのですが、いまいち信頼していなかったのです。大掃除をネットで調べたら沢山の人が重曹といっているので、古くなって石ころみたいな重曹を袋から出してみた。トイレも、お風呂も、キッチンも、水を使うところはみんなやってみた。…..素晴らしいですね、重曹! もうこれで大変な重曹信者です。もちろんクエン酸も忘れてはいけません。子供の頃、重曹とクエン酸と潰したいちごでソーダを作って飲んだのを思い出しました。今時重曹のソーダは健康飲料としてダイエットや痛風に良いらしいですよね。

 

そんなで、今まで戸棚にしまってある、たくさんの色々な洗剤がアホらしくなってしまいました。来年はあいつらをさっさと使い切って、シンプルな掃除戸棚にしたいです。シンプルと言えば、今年はものも捨てたいと思ったけど、それは見送った。年明けに少しでも時間のあるとき、やるつもりです。多分一生きれいに整頓された生活にはならないともうけど、今、両親のものや書類、息子が置いていったモノたち、夫が研究室に置かずに家に置いている本、書類、そういうモノたちに窒息気味。自分のものはさておいて、人のものばかり気になるのです。探したり掃除したりするだけで、人生が終わってしまうような焦りがあるのです。さっさと、諦めよく処分して、出直したい気分。来年から、ほんとに大事なもん、そうですね….、自分の好きな創作に精を出し、精進しまくり、生活の糧も得、それで長年の友人達とも関係を培い、かつ、気功や太極拳などの昔からの哲学を探求しながら、ほかは地味にできる範囲にエコに、しみじみと生きる、ってこんな感じかな。

 

ちっとも更新もない拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。来年は楽しくブログ続けたいと心の底から思っています。特に最近書いたファッション探求。これをもっと充実させるつもりです。何卒よろしくお願いいたします。

 

サンローラン的ファッション

 

ぜ〜んぜん、本文に関係のない絵ですみません。寒い曇った日なので、こんなファッションで歩いたら素敵だなと思って....

 

 

よいお年をお迎えください!

 

 

| 日々のネタ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0)
Merry Christmas!

christmas pinup girl

 

クリスマスイブですね!!素敵なクリスマスをお過ごしください。そして、クリスマススピリットが世界中に溢れて、今大変なご苦労されている方も、少しでも緩和されますように。実在の人物であった、キリストの愛の精神が私たちに降り注ぎますように。

 

 

 

 

 

.....と書きながら、全く正反対な、肉を喰うというテーマで書いてしまいます、とほほ。

 

実は今年もまたクリスマス用にターキー焼きました。コストコ行って、(混んでた〜〜っ、汗)オーブンの平面、開口部縦横ピッタリに切った紙を持って、その大きさに収まるものを見つけました。結構売れてしまっていて、小さいのは最後の一個だった、汗

 

今年は是非ともブライン液につけてみようと思って、少し早めに解凍し、肉をしっかり保湿してあげた。水100ccに砂糖、塩、小さじ一の割合の液に一晩〜1日つけ込むのです。玉ねぎとかハーブとか、レモンピールとかニンニクとか、胡椒とか、好きなもの入れてヨシ。この液につけて焼いたお肉はジューシーでとっても美味しいので、今回やってみることにしたのです。重くて大変だった...。自分の顔面もブライン液に浸けられたらな....画期的に潤うかも...。さすがターキー一羽だと厚手のポリ袋が必要。私は0.03mmのポリ袋(食品用じゃないと書いてあったが、構わず中を洗って。。。)それを大鍋に広げて置いて、1200ccのブライン液とともに漬けました。ターキーはお腹の中に入っているもの全部取り出し、洗って水気をざっと拭いておき、お腹の空洞にもしっかり液が入るようにぎゅうぎゅうに絞ってポリ袋の空気をしっかり抜き輪ゴム5本くらいで閉めます。

 

1日経ったら、ブライン液は捨ててしまって、再び水気を拭き取って、アルミの皿に直におき(例年は人参、玉ねぎの輪切り、パセリなど敷くのですが、油でギトギトになったり、焦げ焦げになったりして面倒なので、今年はやめた〜。とにかく簡単に作ろうと思って、スタッフィングもパス。

 

スタッフィングは趣向を凝らせますし、肉の味がしみて美味しいのですが、ついお腹の空洞に入る分量より余計に作ってしまい、余分にこしらえて、別に焼いたものを延々と食べることにになるので、今年は遠慮しました。以前、夫の姉の家でご馳走になったときは、スタッフィングを入れずに気軽に焼いていた。確かに、これを作らないだけで、焼き時間も早くなりターキー料理のハードルが随分下がる気がします。

 

ちなみに以前作ったスタッフィング、フランスパンの細切れ、バター、パセリ、レモン、オレンジ、林檎 薄切りアーモンド、玉ねぎ、セロリ、マカデミアナッツ、干しぶどう、その他の干し果物、などなど、….なんでも入れてしまって、それらが渾然一体でとても美味しいんですけどね。

 

ターキーの袋に記載の温度で、100均などで売ってるBBQ用アルミ深皿に乗せて午後いっぱい焼きまくります。表面にバターを塗ると書いてありますが、固まってしまい平均に塗りにくいので、私は小さな塊をチョンチョンと頂上において溶けるに任せておくだけ、手抜きですけど、結果は同じような気がする。頂上の色づきが強すぎたら、そこだけアルミホイルで覆って調節したりしています。

 

ところで、タニタの料理用温度計は便利。骨のところまで針を刺して180度でいいみたい。ターキーのブランドによっては、赤いプラスチックの釘のようなものが刺さっていて、最適温度になると、赤い部分が飛び出して、出来上がりをお知らせしてくれる。オーブンの蓋を開けないで済むのでホントはこれが一番楽、でも、過去に赤い部分が皮に引っかかっていて、飛び出さなくって、乾燥するまで焼いてしまったことがあった。ところで、溜まった肉汁をスポイトですくって肉にかけるとか、私は一切やりません。オーブンの蓋を開けないで最適温度にキープする方が良さげな気がするのです。...アメリカ式の大きなオーブンだったら違うのかもしれませんが。なので、楽々、問題はその間オーブンレンジを使えないことだけなのです。

 

熱々の焼きたてターキーはアルミ皿の底に肉汁も出ているの、ペーパータオルでも軽く被せて埃除けにしながら、肉汁が落ち着くまで冷ましておきます。

 

最高に上手に焼く方法とか、色々ありそうですが、ターキーは説明書の記載通り焼けば、必ず成功するような気がします。私ですら、今まで赤い釘の失敗で焼き過ぎ、一度しかしていません。焼き過ぎだった時も、実は美味しくいただけました。

 

で、ターキーの白い胸肉に合わせるのは、絶対に甘酸っぱいクランベリーソース。モモ肉には茶色で味の濃いグレイビーソース(ウスターソースだってOKです)ほとんど「ジャム」のようなクランベリーソースでいただく淡白な胸肉が美味なのです良〜っ!!缶づめのクランベリーはつぶつぶと、スムースがあるんです。どちらも甘さ控えめのジャムなんだけど、スムースは、缶から出すと水羊羹みたいになっているので、1センチくらいの薄切りにしています。最近はコストコで生のクランベリーを売っているので、これを砂糖と一緒に火にかけて手作りしています。クランベリーはビタミン豊富なかなりのスーパーフードみたいですよ。

 

それと、お腹に入っていた首肉を煮出して作ったグレイビーソース。ついでに、肉を焼いて出てきた肉汁も投入。ここにウスターソースとか手持ちのソースを混ぜてとろみをつけてお茶を濁してます。こういうところに凝りだしたら、それなりに大変な作業に発展していきそう。で、焼いている間に付け合わせの野菜も作ります。人参のグラッセとか、マッシュポテトとか、小さいオーブンだと、ターキーと一緒に野菜もオーブンに入れると、焦げ焦げのギトギトになってしまう。こういう時、ガス台の下についている大型オーブンは便利だろうなと思います。

 

冷ましたターキーを夫に切り分けてもらって、大皿に切った肉を並べて準備は終わり。肉が残ったターキーの骨は、取れる肉を手で全部取り去ってからガラスープにしています。この作業って、手がギトギトになるし、これぞターキーって癖のある匂いがあるのですが、ガラで作ったカレーは絶対失敗しない最高のお味なので、ぜひ試していただけませんかw。細かく取った赤身肉でチャーハンにするのも最高です。ターキーの赤身の匂いが逆に香ばしくて濃い料理に合うのです。

 

白身の胸肉は、スライスして、ターキーハムサンドイッチに、お上品な味でご馳走です。とにかく、一回焼けば、最初は派手にパーティーできまして、その後は冷凍するなりなんなり、隅から隅まで、美味しくいただけるありがたいターキーです。

 

お正月のおせちに投入してもいいかもしれません。おひとつ、いかがですか?

 

 

| 日々のネタ | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0)
ふたご座流星群を見た

昨晩双子座流星群を観ました。実は流星群のたびに何度もわざわざ出かけて観に行ったことがありますが、見れなかった。薄曇りだったり、足踏みして待っても全然流れないからしびれを切らして帰ってきたり。近所の街灯のない山の中を狙うので、真っ暗で転びそうだし、最初は良くてもしばらくするとガチガチに寒くなる。

 

今回は出かけるのはやめにして、12時頃から蛹のようにブランケットにくるまりベランダて観ることにしたのです。それが豊作だった!よく飛んでいましたよ。中には火球と言って良いような青いマッチの穂先状の流れ星も観られた。努力しないほうがいい結果なのか。。。それとも、今までの努力が実って、流れ星がたくさん出てきてくれたのか。後者と思っておきたいです。

 

10年位前まで、本当に、流れ星を見たことがなかったのです。誰かが「あ、流れ星だ!」と言って、急いで振り向いてももう終わってる。鈍くさい、そして、いつもうつむき加減だったのかもしれません。見た人がやたら盛り上がっているので、流れ星を観ることが人生の10大ゴールのひとつみたいになっていた。それが、あるときから、見えだすとわりとちょくちょく見えるのですね。UFOに興味をもったころと同じだから、やはり上向き加減で遭遇率が上がったのかも。UFOも見たことないのですが、いつか流れ星のようにちょくちょく見えるようになりたいな。

 

数年前、夏に飛騨に行った時、車のこない道路に寝転がって空を見ていたら、偶然ナントカ流星群の日でやたらたくさん見えました。しかし流星そのものが小さくて細かったから、さすがに飛騨は空気が綺麗なんだな、神奈川県では同じものは見えていなかったかもしれません。

 

昨晩のは、長い距離を流れる大玉が多くて、線香花火の終わりのすぅーっとした線みたいだった。それも、まったく音もなく前触れ無く飛ぶので、もう見えないかと油断している目の前を、サッと、いや、「サ」もなく! 悠々と笑いながら飛んで終わるのです。寒波からか、空がキンキンに冷え込んでいて、オリオン座なんて、私の老眼でも大星雲がフルカラーで見えたみたいに綺麗だった。

 

ところで、オリオン座のアルデバランはかなりオレンジがかっていて、今見ている最中にも大爆発を起こして不思議はないらしいですね。宇宙の観測のためには、とてつもない好機だけど、オリオンの混紡を持つ腕を表す星がなくなってしまったら…、ずいぶん寂しいと感じます。

 

言われ古されたことですが、星を見ていると、やはり自分の諸悩みがつくづくつまらないものだな、と真から実感します。流星群がなくても、天気の良い夜は星を見たらいいな。今年は例年より寒そうで、良い星日和が望めそうですね。年中輝く星に、染み付いた世俗を洗ってもらいたいもんです。….おっ、柄にもなく絵手紙チックな結びになってしまいましたよ…赤面。 

 

 

JUGEMテーマ:ふたご座流星群

続きを読む >>
| 日々のネタ | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0)
地元鎌倉で活動しまくった!

JUGEMテーマ:お出かけ

先日天気の良い日に近所の山道を思いっきり歩きました。というのも、万歩計みたいでもう少し多岐にわたって計量する「活動計」なるものを買ったのです。今年の冬、局所的にたるんでしまって、服が着れなくなる事象あり。焦って手当たり次第方策を講じてみたのです。困ったもので、活動計を設定してみたら、なんと私の基礎代謝量は1000kcalちょっとしかありません。1日座って作業でプラス250kcalくらいしか使っていないのです。これじゃあ太るわけです。だってちょっとした外食のランチって700〜1000kcalとかあるんだもの。その上、忙しくて、座り続けている時に限って、精神的にオヤツが必要なわたしw。動いているのは目と手と、口だけって….その図、ずいぶんサイテーです。まず、自宅で、縄なし縄跳びをしたり、ハードに家事をしたりしたのですが、大して活動量は上がらず。山道を歩いたらどれだけか、と早朝からバリバリ出発したのでした。

 

なんか、すっごく前置きが長くなってしまいましたね。まず自宅から一番近い花見で有名な源氏山を通って、大仏ハイキングコースへ、そして海に出て、海沿いのお散歩コースをしばらく進んで、そして戻って鎌倉、突然自分なりにはすごかったと思う。天気が良くて本当に気持ち良い! 山道では、すれ違う人みんなに「こんにちは」って声かけられて、街とは全然違うルールなんですね。大仏のハイキングコースは外国人観光客にも人気みたい、突然「こんにちは」と言ってくれる人が多かったです。途中お昼ごはん(低カロリー!)を食べてから鎌倉文学館に行きました。着いた時にはもうボロボロだったけど、芝生の庭のベンチでぼけっとしたり、自販の飲み物があるお部屋で、くつろげたり、なんとか蘇生できました。

 

文学館では今、「夏目漱石の手紙」という展示やってて、すごく面白かった!!!漱石はお手紙が好きだったようですね。娘にイギリスから綺麗な鶏の絵葉書を送っていて、この鶏が卵を産むからお上がんなさいって書いてある。私も子供のころ大人たちにおやつなどもらう時「お上がんなさい」って言われてた。懐かしい言葉遣いです。漱石自筆の猫の掛け軸もあって、絵が上手すぎ、その黒猫の生意気そうな顔に感動。他にも初版本のすごく素敵な装丁の数々やら、小さいスペースの割には見応えあって、疲れた自分に鞭打ってなるべくゆっくり観て回りました。

 

これだけてんこ盛りに体を使った日は、最近ちょっとないかもな、ものすごくたるんでる自分ですけど。帰ってわくわくしながら活動計見たら結局650ckalだった。う〜む、1000kcalくらい使ったかと思ったよ…。消費することも至難の技、しかし、もし食べ物も買えないほど貧乏になったり、山で遭難したりしても1000kcalで一生サバイバルできるってことなんだ。そう思うと偉いものです。

 

 

鎌倉文学館の素敵な門、ここは通れない。元は前田家のお屋敷。

| 日々のネタ | 11:47 | comments(2) | trackbacks(0)
蜂蜜はすごい!

最近またちょろっと風邪をひいてました。この頃多いなあ。息子がまずひいて、夫がかかってもう終わりかと安心したところに、サクッとうつってしまったのよ。私は風邪をひくとしばしば、寝しなに喘息状態になるタイプで、今回もそうなったら嫌だな、咳で腹筋トレくらいはできるけどね…、やっぱり嫌だな、と思っていたら、良い方法を見つけたのです。

 

 

はちみつっ!

 

 

(柄にもなく、地味にちょっと広いスペースを空けてしまったわ、赤面。

非加熱の純蜂蜜が風邪によく効くと聞いて、アマゾンで調べて買ってみた。蜂の巣からとってそのまま瓶詰めにした蜂蜜って意外と少ないらしいのです。安価なものは蜂に砂糖水を飲ませていたり、もっとひどいと直接砂糖を混ぜて薄めたり、100パーセント天然だとしても加熱殺菌で酵素が破壊されているのが多いらしいわ。

 

瓶詰めの非加熱の蜂蜜だと、酵素やビタミンや、まだ分かっていない色々な物質、蜂の魔法みたいなものが混ざっていて、自然治癒力を増したり、炎症を直したりしてくれるんだそうですよ。私も、今まで安物ばかり買ってきたものだから、蜂蜜なんて…、とバカにしていたのよね。ところが何のことはないプロポリスだけは昔から信仰しているの。臭いからかしら….。あれは口内炎とかにも劇的に効くので驚き。でも、生の蜂蜜も大したものらしいわ。それに美味しいものね。、良薬でも口に甘いのって素晴らしい。

 

風邪で喉が痛い時、蜂蜜をほんの少しづつ喉に含んでなるべく飲み込まないようにして、そうやって何度も何度も蜂蜜湿布のようにしていたら、ほんとにすごく早く良くなった。喘息にもならなかった。実は他にも色々お助けがあったのだけど、まあ、いいや。おいおい、代替療法自慢、いや井戸端会議をブログに書かせてね。とにかく家族の誰よりも早く治った。非加熱が良いのだから、熱いお茶に入れたりはしないで、お匙ですくって、毎日一回はそのまま舐めると体に良さげ。これを純水で薄めて化粧水をつくると凄い!っていうコメントがいっぱいあって驚いた。こんな美味しいもの、顔に塗ったら勿体ないじゃないって思うところがもう、押しも押されぬおばあさんになったんだなあ…。

 

おしまいになってしまったけど、イタリアのと、ドイツのオーガニック、色違いで(色や質感がバラエティに富んでてビックリ!)2瓶買ってみました。普段の私だったら、やっぱし主婦的にケチりまくるわけだから、お高いわね〜とか眉をひそめるような気がするの。でも、そこは家族中風邪ひいてたしね、ビタミン剤かと思って買ってみたわけよ。届いた400グラムの瓶、思ったより小ちゃいな〜って感じがした。でも、うんと小さいミツバチが、これまた小さなは花からちょっとづつ集めてくるんだと思ったらありがたみもひとしおですね。さじに取ると舌触りが餡子みたいで、香りも味も濃いから、どうかしら、意外と食べでがあるかもしれません。試してみて良かったです、お勧めいたします。蜂パワーは凄い!!美味しくて、効き目があって、やはり....あっという間になくなりそうだな。ちょっと狂言の「ぶす」を頭に描いて笑っちゃった、ぷぷっ。

 

| 日々のネタ | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0)
あ〜、やられた〜。

昨日、ツイッターで17時から川崎駅で小沢一郎さんが選挙応援で登壇と見て、とるものもとりあえず出かけて行った。40分しかないのに。走って駅前の会場に着いたら、え〜〜〜〜っ、ガセネタだったよ、来ないんだそうだ。しかし、SEALsの奥田愛基さんと、あさか由香さんと、共産党幹事長の志位和夫さんのスピーチは聞いたよ。かなりの混雑で、拍手や合いの手が入って、熱気でした。志位さんって、テレビで見ると、お役所メガネで迫力に欠ける様に見えるのですが、リアルだと、カリスマでびっくりした。パワフルエネルギーが放出されてて時に笑わせるし、年齢不詳っぽいけど意外と若いのだった。たたき上げの政治家って凄みがあるものですね。

 

私はもう、政党はまぁ、おいといて、今後他の国がやりだす戦争に巻き込まれないように、って、とりあえず今はそればかり祈るように投票します。なので、今回野党がまとまるように決断してくれた人は最大評価!ありがたいことです。なんとか、憲法改正とか再稼働とか阻止できます様に。

 

 

しかし、やっぱり小沢さんを見たかったな。実は小沢さんは新進党の頃から、なぜかファンなのです。私にはあの顔がいつもJFKっぽく感じられた(はいはい、笑っていいですよ)。やっぱりスピーチがわかりやすくて、はぐらかしをしない、まあ、言えないことはちゃんと言わない、みたいな真っ当な、言葉を大事にする政治家な感じがしたからです。民主党の幹事長から、例のなんだかわかんない、「期ズレ」「強制起訴」で追い落とされた時、生まれて初めてデモに参加しました。デモがあるたびに出かけて行ったけど、なかなか世間は冷たいなあと思った。テレビや新聞が言ったことが正しくて、本当はどうなの?ってことに心を開いてくれる人はいたけど、とても少ないみたいに感じられた。

 

でも、その頃から比べたら、今では若い人や私の周りでも、メディアを鵜呑みにしないで、口コミから調べたりする人がめっちゃ増えたよね。嬉しい嬉しい、もっともっと良くなる気がします。

 

昔から政治って見ていると、結局は世の中は私みたいなフリーランスの能天気が思っているよりも数段保守的なので、まあ高望みをしないでも少しづつまっとうに変化して行ってくれれば良いと思う様になりました。こうなって欲しいと思うことはたくさんあるけれど、今は地道に変化しながら、もしかしたら未来にめくるめく様に幸せな進化があるかもしれません。こんな時代ではなるけれど、ちょっとそのへん想像するだけでうきうきできたりしちゃいます。

JUGEMテーマ:お出かけ

 

| 日々のネタ | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0)
漢方薬屋さんに行ってきた

昨日は普段酷い頭痛に悩まされている夫が、病院から鼻の手術をいいわたされ、で、何とか避けられないものかと漢方の薬屋さんを探したのです。ネットで大捜索したお蔭で、中華街の近くにて良さげなところを見つけました。


漢方の薬剤師さんに伺うと、やっぱり鼻の手術の予後はそう簡単ではなさそう。現に義理の兄も、若い頃、鼻の手術をしていて、どうもその結果らしく、ずっと喘息みたいになっているのです。目の間が迫って、めちゃくちゃ鼻の高いものだから、一旦問題が起きると大変らしい。それでも義理兄は、鼻づまりと比べたら、今の状態の方がよっぽど良いから、必ず同じ選択するって言っていたけど。一応手術の前に試せることは試した方が良いと思った。


色々漢方のサイトを検索して、面白いテストがありました。項目にチェックすると自分の漢方的体質がすぐ出て来る。「証」というのですって。で、それに合った食べ物とか、生活のアドバイスなんかもチェックできて、面白いなあ。


私の場合はやせ形なので、血が足りなかったり、意外にも水が足りなかったり、それにしても、結果、殆どの項目で、心配しないで良く寝る様に、とあって笑えた。そういえば、色々心配しても意味のないこと考えて、夜中にどんより起きていることもありますね。昼間、外に出てガシガシ身体を動かせば自然に深く眠れるのでしょうが、年がら年中PCに向かって描いている様じゃあ、そりゃあ、睡眠不足にもなりますよ。これみていて、漢方の入ってる養命酒をまた買いたくなっちゃった。好きなんです。養命酒をちびちび飲みながらだと、夕飯の支度がなぜか楽しいんだな。


私自身、5年前に突然酷いバセドウ病になったとき、漢方をやって良い結果だったのです。その時もサイトの大捜索をして、大阪の漢方のお店が、バセドウでヒットしたので、高いなあ、と悩みながらもやってみました。数値がかなりが酷かったのです。その時も最初から、心配しないで、感謝の気持ちで過ごす様にと薬剤師さんに言われた〜、いや、感謝無しで過ごしている訳でもないのですが、やはり、自分の気質がつい体力以上にがんばってしまうタイプなので、足りないところに目がいく訳なんですよね。フリーランスの性か、ただの文句屋さんなのかなw 難しいところです。


その時の漢方薬は、葉っぱや、木のかけらや、雲母みたいにキラッと輝くものや、なんだかわかんない茶色いものが一杯混ざった巨大ティーバックみたいなのを、毎日とろ火で煮出して、朝と夜に飲むのです。初めて味わったときは、なんと驚愕の苦さ、ちょっとなめただけで、ず〜っと後を引く強烈な味とにおいです。一体何が入ってあのような味になるのか….、念のため、知らないでおきました。これをずっと飲むのかと自信なかったけど、もう買ってしまって後の祭り。


しかし、未だに面白いなあと思うのですが、日々飲んでいるうちに、その苦さを感じなくなって、それと同時に数値や体調もぐっと良くなって、お薬卒業時には、逆にその苦さが、まるで濃い緑茶をのんでいるみたいに美味しく感じる様になっていたのです。体質改善って、ただのコマーシャルでもないんですね。舌で覚えて、自分に証明できて、非常に達成感がありました。私には漢方はとてもよく効いた様です。


夫のお薬は、もっとずっと簡単に飲める丸薬を何種類か。しかし、言ったらかなりの確率で拒絶されそうな不気味なものが入ってる〜〜〜っ!!!いや、もしも、自分が知りながら飲むのも、プラシーボの逆になってしまいそう、泣。ここはやっぱり、知らぬが花、内緒にしておこう….色々ありますもんね、漢方の世界って。 


写真は…ちょっと近所でバナナの木見てきた。
| 日々のネタ | 15:52 | comments(4) | trackbacks(0)
水飲むのって,やっぱり良かったんだ!

昨日のことなのですが、いつもの様にホームベーカリーでパンを焼いていて、ウッカリ、「サフの金印ドライイースト」の代わりに、「味の素 本だしカツオ」を入れてしまった。さすがに匂いでスグ気がついて、イースト用のくぼみを湿らせたティッシュで掻き出したのです。


 ホームベーカリーのイースト用のポケットは静電気が起きるとイーストが素直に下に落ちないので、お掃除は乾いた布禁止。がんばって少しずつ取り除いたものの、下にくっついて残っていて、焼けたらやっぱりカツオ味だった。食べますけどね、私が…。ピザトーストとかにすれば,何とかなりそうです。


 しかし、ドライイーストと本だしカツオを同じ様な透明の気密容器に入れているのが、そもそもイカン。なにしろこの二つ、てんで違う物質のくせに、質感がかな〜り似ているのです。バカをやって昨日は落ち込みました。今までも、間違えそうになった事があるのに、対処するのを忘れていた→とうとう、やったな→なんかこの頃ボケてる…将来が心配。みたいな感じ。


ところで、お水を飲むのってカラダにいいとよく聞きますよね。モデルさんは年中水飲んでいて、「美の秘訣は水を沢山飲むこと」と必ずありますよね。透明な水は美人にお似合いです。自分は、何を今さら〜〜って感じで、今まで敢えて水を沢山飲んだりして来なかった。


で、最近水を沢山飲むと、たぶんボケないという話を聞きました。同じ様な話を二つ違う場所で聞いたのだから、心の底でかなり心配しているのかも、どきっ。


 その1、昔よく見かけた「セブンアップ」という飲料。そもそも「アップ」というネーミングが飲むと若干「ハイ」になってしまうから、つけられたというのです。アメリカのある地域のミネラルウォーターを使っていて、その中に偶然、本物の抗鬱剤 リチウムが1000分の1の濃さで入っていたのだそうです。


リチウムは最近の研究で、丁度1000分の1の分量で毎日飲むと、脳の細胞が復活すると認められたのですって。だれでもその量で飲むと丁度良く冴えるみたい。ただ素人がその量を計って飲むのは難しそうですし、そもそも処方箋薬なので、簡単に手に入りませんよね。その後、セブンアップのリチウムはとっくの昔に取り除かれ今に至っている様です。残念ですね。しかしその地域のミネラルウォーターはいまだ採取されているらしく、今後市場に出て来るのかも知れません。


もう一つはシリコンが微量はいったミネラルウォーターも同じ様に効果があるという件。こちらは既に認知症が進んでいる人にもそこそこ効くらしく。調査すると半数程度は機能が改善したのですって。すごいですね。水ってのがシンプルでありがたい、普通の水をケイ素サプリと一緒に飲むのではダメなのかしら、今後期待できますね。


で、結局そんな特別なミネラルウォーターを探さないまでも、普通の水でも一日に2.5リットル飲んでいる人は飲んでいない人に比べ、よりデトックスできていてボケにくいらしいです。それに、他の健康ご利益も沢山あるようです。


私はコストコで売ってるブリタ6個パックのカートリッジを使って、こんなご時世ですからお水の浄化には気を使っています。(まるで、コストコの宣伝しているみたいですが、円安になるまでは一個ずつ買うよりかな〜り安かったのです、もう高くなっているかも知れませんね...、涙)あと、通販の4リットルパックのクリスタルガイザーも併用中。せっかく家族の健康をキープしようできる責任ある地位にいるのに、放射性物質余分に飲ませていたら、本末転倒ですよね。そこんとこは、これからも変わらず毎日気をつけたいなと思っています♡


 
| 日々のネタ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0)
文化鍋で白いご飯!

食欲の秋、新米お迎え準備wとして、この度文化鍋を購入しました。最近、電気給湯器が破損したのを境にガス引き込みをして、IHクッキングヒーターもガスコンロに取り替えたのです。殆ど壊れかけていた電気炊飯器も処分して、コンロで手動で飯炊きしたかったのです。もう数回炊飯したのですが、変えて良かったです。お米がもちっと甘くて美味しい!料理には「炎」が必須ですね。ご飯だけでなく、他の料理も炎で加熱したのと,電磁波で加熱したのと、かなり違いがある様に感じます。


文化鍋は炊飯に特化した厚いアルミ鍋で、吹きこぼれしにくい様フチが高くなっているの。昭和の香りたっぷりのデザイン。私は子供時代、このご飯で育ちました。電子レンジは小学校中学年くらいに出てきて、それまで冷たいご飯は蒸し器で蒸して食べていました。文化鍋は蒸し器としても使えるし、煮物も美味しくできる様です。


今回購入したのは、内側面はテフロンで目盛り付き、蓋が強化ガラスで中の様子が見えるリンナイ製です。アマゾンで2800円代でした。ホントはテフロンは身体に良くないと言われますが、言い出したらキリが無くて。アルミ製は脳に溜まってアルツハイマーになるとか、鉄やホーローも混ぜ物が毒だったり、厳密に言うと必ずしも安全ではならしいです。それなら少しは楽しようとガラス蓋、目盛り付きで、洗いやすいテフロンにしました。


電気炊飯器のやたら高価なものは使った事がないのですが、以前、もう大きな炊飯器はいやだ、という親のところから持ってきた当時の中〜高価格と思われる古い炊飯器、ずいぶん長い事使っていました。しかし、これが見かけ倒しで全然美味しくなかったのです。今回文化鍋を考えたのは、炊飯器の殆どがIH化していて、ただでさえ、IHクキングヒーターの妙な振動で頭痛になていたのに、またも電磁波の元を加えてはキッチンの居心地が過酷になりそうだったからです。ホントは小型のマイコンジャーでもそこそこよく炊けるのかも知れませんが、結局、それよりまだ安い文化鍋で美味しく素早く簡単に炊けてご機嫌です。


あと、鍋なので、丸洗いできる清潔感も良いですね。これで生協のセラミックの四角いおひつを購入すればパーフェクトな白米生活になりそう。ところで、日本全国の米の汚染がすべて無くなります様に….。いくら美味しく炊けても、そのあたりはいまだ心配なのです。でもお米の神様(なんとなく白いヒゲの白っぽいおじいさんのビジュアルw)にお祈りしてます、非科学的ですけど、しないよりはマシ…かも知れません。



お知らせ♡


本日6時30分より、「TIS夜店」があります。

TIS展出品作家が売り子になり一日限定のお店を開店いたします。

お近くにいらしたら,是非ご来場ください。



 
| 日々のネタ | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0)
元気になって帰ってきた〜!

気功合宿に行ってきました。やる事山積みだったけど、強引に行って良かったぁ!春頃から地味に溜まっていた疲れがとれた気分です。場所は山中湖畔だったのですが、もう完全に秋!ネットでは2〜3°低いだけなのに、実際にはひんやりを通り越して、寒いよ〜。カラダの疲れも相まって凍えていたのですが、そこが気功の不思議、2日目から同じ服装でもホカホカしてきました。やっぱり血の循環が一気に良くなるのね。





朝起きて、林の中で太極拳やって、一日練習して、お昼寝もして、沢山食べて、夜は旅館の屋上にねころがって星を見たり。ホントに久々に浮世離れした3日間を過ごしてしまいました。


以前もブログで書きましたが、私の参加している気功は禅密気功と言って、瞑想と背骨ユラユラ系の気功なんです。他の気功は動きがもっと決まっているのが多いらしいのですが、4種類しかないので、太極拳と違って動きを覚えるのはかなり楽です。その上、動いた後は楽しい「お昼寝」が待っているのです。なぜか気功をした後はどんな時でも爆睡してしまうから不思議。普段の生活では無意識にてんぱってて「お昼寝」なんてまずありえません。気功と太極拳を地味目に続けて行ったら、けっこう元気でいられそうな感じがします。



しかしこういう時に限って、のんびりお茶したいようなめちゃ可愛いカフェなど発見、トトロかムーミンのお家みたいです。





今回は見るだけだったから、ケーキ食べてお席でぼ〜っとしに行きたいな。





お散歩中に真っ赤なタマゴ茸も発見。子供が小さいとき、春や秋にはキノコ図鑑を持って、見たものには必ずチェックマークをしていたのですが、タマゴ茸を見るのは初めてです。おもちゃみたいにな派手なのに食用とはこれいかに。煮たらこの赤い色はおつゆに出るのでしょうか?季節の変わり目に自然一杯なところに行くと驚きが沢山るようです。近所には鹿や熊やイノシシがでるみたいで、練習中にも、「捜索中のクマが無事みつかりました」とのアナウンスがあったり、2〜3時間の小旅行でもこんなに楽しめるなんておトクだわw。


湖畔のさざ波や、豊な色の空の雲、風にたなびいているネコジャラシっぽい草の群生。自然の色々から滲み出て来る早い秋の匂いをお腹いっぱい嗅いできました。






今日はこれからTIS展のオープニングです。連チャンすぎでちょっとマズいのですが、がんばって行っています。お近くにいらしたら是非覗いてみて下さいね。
 
| 日々のネタ | 14:12 | comments(4) | trackbacks(0)