<< とうとう!!! | main | Cosmic Fushion IV >>
開票作業の見学に行ってきました

昨晩9時から始まる開票作業が近くの体育館で行われると聞き、見学してきました。保険証と住所氏名でOK。徒歩35分くらいかかるのですが、道すがらどんどん当確の知らせがツイッターに出ていて、ありゃ〜、まだ箱も開けてないのに、たとえ調査がきちんとされていたとしても、公にしてしまうのはちょっといい加減なんじゃないかと感じました。

 

エアコン効いてない大きな体育館ですが、運良く2階席ではなく、開票作業かぶりつきのお席がしつらえてあって、NHKの方が目立ってました。他のメディアの腕章の方もグループできていて、なんでもない人間は自分一人かもしれなかった。

 

9時きっかりに挨拶から始まり、100人くらいはいそうな開票作業の方々が一斉に箱を開けて、大きな机に投票用紙をぶちまけます。まわりを取り囲み、みんなで用紙の天地を揃えて束にしてマシンに入れる準備。

 

 

 

 

開票マシンは意外と小型、比例と地区のエリアに3台ずつ。上に用紙の束をセットすると、カタカタカタと音がして、候補者スロットにソートしてくれます。わたしの真向かいのマシンは、4〜5回紙詰まりを起こして、その度に係員が来て中を観音開きにがしっと開けて挟まれた紙を取り出してました。今回、鉛筆のコナが機械内で取り除かれ白紙票になって出て来るという噂を聞いて、わたしもマジックペンを持って行って書いたのですが、中身を見た感じでは、シンプルにソートしている感じです。白票もあったけど、たま〜に出るくらい。しかし、わざわざ出かけて行って、白票はもったいないよね〜。

機械のソートスロットが得票多めの人気順になっていて、上位5〜6人以外の候補は全員『その他』のスロット、そして「白紙」スロットもありました。

 

 

 

その後の流れは、機械を通して束になった用紙を、イチゴパック(なんか一人で笑った)に入れて、候補者それぞれのバスケットに積んでいくのです。体育館のもう半分のエリアでは、今度、候補者別になった机があって、そこにもそれぞれ、もう一回り小型の開票マシンがしつらえてあります。もう一度これにかけて、候補者別の得票数を確定するようです。

 

 

 

で、その間、報道の方々、三十人くらいいたかしら、みんな望遠レンズのカメラや、双眼鏡で見ながら、目視で票の勘定をして、チャートに書き込んでます。

 

わたしはおばさんの強みを生かして、枠から乗り出して写真とってみたものの、もう少しいいカメラが欲しいなあ。しばらくしつこく見ていたけど、だんだんぼっち気分と結果をツイッターで見ながらちょっと寂しい気分にうなだれて帰って来ました。三宅洋平さんとあさか由香さんには入ってほしかったなあ。

 

で、たくさんの方が働いているから、ソフトの中とかはもうわたしは門外漢だけど。その場でそう簡単に細工はできなそうです。しかし、うっすら気になったことは確かにありました。上位の得票者の票の筆跡は似ているものが本当に多い!長年見る描くを糧にしてきた自分です。書いたものの勢いは、わかりますよね。字が下手すぎ、急いで書いたものが多すぎ。わたしの地区は高齢者が多く、実際投票所に行くと、60〜70台のワープロ以前の方々が時間をかけて投票しています。以前、わたしは投票所に出張ったから少しはそう言ってもみてもいいでしょう。その世代の方々は、平均的に字がもっと綺麗。書かれた字の雰囲気が、20〜40台前半のあえて言えば男性、つまりポストワープロ世代を感じさせるものがとても多い気がした。もしかして、与党だけじゃなくなんとなく談合的に票の盛りとか、削除とかしてたりして〜、なんて心の中で疑っちゃいました。

 

だって、3日前に大船駅に来ていた三原じゅん子さんへの人々の白けた態度を目の当たりにしてしまったすぐ後だから….。でも、おめでとうございます。神奈川県と、他国の戦争に行かない日本のために、心を入れ替えてwがんばってくださいね。まあ、たった一地区のほんの少し見たくらいで、寝言もいいところと批判されるのは重々わかっていますがw。でも、もう少したくさんの人々が開票見学に来ていると、わたしも将来学べるんじゃないかなと感じました。まあ、わたしが以前から言っていた不正選挙ってのは、地球規模で普通に行われているし、昔は、差し入れおにぎり配ると梅干の代わりにお札が入ってるとか、あったらしいですよね。そのため選挙が終わると必ず逮捕される人がうじゃうじゃでてくるの。これって、陰謀論でもなんでもないと思う。でも、毎回投票率が上がりまくると、そういう細工をしにくくなるのは絶対あると思います。その辺に希望持ちたいな。

| 世の中 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/357
トラックバック