<< 蜂蜜はすごい! | main | ハロウィーンですね。 >>
PEACECARD 2016 & トランボ

17日から始まるPEACE CARD 2016 東京展に今年も参加いたします。

 

**************************************

ピースカードは、
だれでも参加できる平和のカード展として1988年に始められました。
一年に一度平和のために絵を描き、絵はがきにして送り、
平和について考える機会を持とうというものです。
平和をテーマとしたピースフルな自作の絵はがきをお寄せください。
宛名面にPEACE CARDという文字を入れた平和を願ったカードを制作、
ご自身の連絡先・氏名とピースメッセージも書き入れ、開催の前週に届くよう、
切手を貼って展示会場宛にお送りください。
届いたカードは、そのまま展示に加えさせていただきます。

ことしのテーマは「となりを愛せてますか?」です。

 

★第29回ピースカード東京展/送り先
〒107-0061 東京都港区北青山2丁目10−26 MAYA2
『PEACE CARD 2015 東京展』
TEL 03-3402-9849

東京展詳細
http://www.facebook.com/pages/Peacecard/396797627009471
他会場の送り先などもこちらをご覧ください

★お送りいただいたカードは基本的に返却いたしません。
翌年以降は各年のファイルとしてそれぞれの会場に展示いたします。
★他詳細はこちらのfacebook peacecardページで発表していきます。
http://www.facebook.com/pages/Peacecard/396797627009471
★過去のPEACE CARD情報は下記サイトでご覧ください
http://www.peacecard.com/

 

【原画展参加者】
IAM MAIMAI  青山タルト あらいしづか イシイサヤニー 石井秀卓 石川ゆかり 9taro ウエタケヨーコ 大石篤 大熊光男 大須賀理恵 奥田里美 河合美波 北沢夕芸 切明浩志 倉谷美代子 クロエドール  斉藤美奈子ボツフォード 櫻井乃梨子 城芽ハヤト 鈴木ゆかり 関ジェシカ 高橋みわ  谷口シロウ  ヒロミチイト  深津千鶴  藤井啓誌  船津真琴  MAKO okestudio  ミネタトモコ みやかわさとこ  宮島えりか  諸戸佑美  山口剛彦  山本祐司  吉澤つぐみ  吉田利一  リーカオ
北見隆  スズキコージ  谷口広樹  山口はるみ

★初日15:30〜触れ歩き 17:00〜オープニングパーティ

 

 

 

***************************************

 

今年も是非遊びに来てくださいね♬ 私は18日火曜日の15時から19時まで在廊いたします。

以上、お知らせでした。

 

で、ちょっと前になってしまったのですが.....PEACECARDにあっているので、ここに書いちゃう。

 

 

映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を見てきました。

主人公ダルトン・トランボは実在のハリウッドの脚本家、「ローマの休日」を始め、「スパルタカス」、「パピヨン」と映画史に残る脚本の数々を書いてます。赤狩りの嵐が吹き荒れる40年代のハリウッドで、共産党員であったため迫害を受けて、挙げ句の果てに服役もして、仕事も失って、困窮の生活を余儀なくされる。当然「最も嫌われる男」だから、それだけじゃあ終わらない、知恵を絞って、ハードワークをこなし、最後には裁判でも勝って復活する。わたしの大好きな部分のアメリカ気質(この頃嫌いな部分も増えてきちゃってるけど、それは...まあ、おいといて)「荒野の頑固者」「口に出さなきゃ気が済まない」ってキャラクターで思う存分楽しませてくれた。普通だったら、もう、いいか...、と折れそうなところをしぶとく折れないのよ。ほんとに自信があるんだな、きっと。損を顧みず、でも、世の中をちゃんと見ることができて、最後は着々と成功を勝ち取れる。こんな底力が羨ましい。そこまで頑固になれない家族は大変だったんだろうなあ、その辺も映画は描写しています。

 

 

トロンボを演じるのは人気テレビドラマ「ウォーキングデッド」の主人公をやっていたブライアン・クランストン。クセのあるキャラクターが上手。メガネにヒゲの渋いインテリ顏に、たるんだお腹や肌の感じが、いかにも作家のイメージでリアルだった。実際のトランボの写真を見ると、もう少し柔らかい優しい顔しているのですね。

 

映画の中ほど、トランボが一生に一度の大切な作品の構想を話す場面があるのです。トロンボが家族と旅行して闘牛を見たとき。牛が殺されて観衆が大喜びだったのに、自分とその家族はとても嫌な気持になった。その違和感を映画にしたいと。それでできたのが「黒い牡牛」という映画。この映画、やっと最近ディスクとして販売されたようで、借りてみるのが楽しみ。イントロのところが昔懐かしいイラストレーションで、もしかしたら「仔鹿物語」のようなストーリーなのかもしれません。早く出回らないかなあ。

 

60年代に公民権運動も花開き、とうとう無事に復帰したトランボが、小説、脚本、監督までした映画があります。それが、あの「ジョニーは戦場に行った」もう、真骨頂ですね。見るのに辛い映画ですが、そこに思いっきり自分を出せたんだろうなと感じます。

 

ところでこの映画のキャスト、妻を演じたダイアン・レインが大好きなんです。昔はちょっと濃さの足りない美人女優だったのが、中年になったらふわっと一気に開花したような感じ。是非是非あんまりアンチエイジングなんかしないでソウルフルな中高年女優としてますます匂いたってもらいたいな〜。もう一人ヘレン・ミレんもシワなんてかんけーねーっ!の高齢者路線、素晴らしいです。悪役ジャーナリスト役で炸裂しています。ほんとに、俳優がみんな顔をツルピカにしちゃうと将来年季の入った役をやる人が払底しちゃうのが心配。余計なお世話、そうですね。

 

ちゃんと若い美人も出ています、娘役のエル・ファニング。名子役で有名だったダコタ・ファニングの妹だけど、姉とは違った落ち着いた感じで、その上、とんでもない美人じゃ。私そもそも丸顔って好きなのよね。すごく綺麗です。

 

あっ、もう一つ、もう一つ!ジョン・グッドマン! B級映画会社の社長さんの役なんだけど、いつもいいのよねぇ、ほんとに楽しいキャラだわ〜。しみじみ。

 

ってなわけで、もしかしたら。もう終わってしまうような時にご紹介してしまってすみません。でも。面白いよ、元気でるよ、反骨精神をやっぱしちゃ〜んと養っておこうと再確認できました。

 

 

 

| イラストレーション | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/364
トラックバック