<< PEACECARD 2016 & トランボ | main | TRIBUTE⭐︎TRIBUTEに参加しています >>
ハロウィーンですね。

先日のピースカード展、好評のうちに終了しました。来ていただいた皆様、ありがとうございます。いつもですが、お礼が遅くなってすみません。来年のピースカード展は、なんと30周年!すごいですね、30年続いているって、本当に、本当にすごい!来年も楽しみです。

 

ところで、ハロウィーンですね。今日は原宿あたりに出かける用事があるので、仮装が見られるかな。子供が生まれる前にニューヨークに住んでた頃、ハロウィーンは4度経験しました。大の大人が派手に仮装して、夜の街を練り歩く。パレードの両サイドのアパートメントの窓にやはり仮装した大人が鈴なりになって、見物しながら友達とパーティーしてる。子供は子供で、映画のETみたいにお菓子をもらいに連れ立って歩き回るけど、ちょっと大きくなると、そこらの建物や植え込みなどにトイレットペーパーや生卵を投げつけて、無礼講のいたずらをする。夜遅くには裸の木々にトイレットペーパーがふわふわ絡みつき、風になびいて、怪奇な雰囲気を盛り上げる。….こんなお祭り日本じゃ絶対流行らないなと思ってた私、大間違いでした。もしかして、昨今の渋谷あたりは本場より凄かったりして….。

 

街で見かけるハロウィーン関係のお飾りや、商品のバラエティも豊富ですね。外国から来た祭りが商業的にはやって眉をしかめる方もきっと多いはず。実はアメリカやイギリスでもハロウィーンは大嫌い、という人に少なからず会いました。やっぱりこれはキリスト教以前の祭りなので、キリスト教社会にはちょっと邪道なのです。社会がキリスト教によって、父化する前の、魔女がうじゃうじゃ元気に生きていた頃のお祭り。そう考えると、卑弥呼が最初の権力者だった日本に意外とはまるのも、と思ったり。

 

西洋のキリスト教以前の「ペイガン」と呼ばれる、文化…と呼んでいいのかなあ、よくわからないんだけど。面白そうなので、そこんとこ、もっと知りたいと思っています。ストーンヘンジとか、ケルトとか、キリスト教以前はかなり

母性的だったかもしれません。キリスト教が広まっても、実はペイガンの文化はしぶとくあちこちに残っていたようで、魔女狩りはその頃の残党を消し去るために激しかった….らしいです。ハロウィーン一つでも掘ってみると楽しそうだなあ。

 

 

実は、私は子育てしてた頃、帰国時のグループの英語で遊ぶ先生…みたいなボランティアをしていたことがあるので、子供と遊ぶハロウィーンは特に!楽しくて大好き。仮装を考えたり作るのにわくわく、…当時今みたいにハロウィーン商品がなかったものですから、思いっきり手作り。今年は何にしようとか、いろいろそっちのけで考えてたアホです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ハロウィーン

| 文化〜っ! | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/365
トラックバック