<< 映画「沈黙ーSILENCE」を観に行った | main | 映画「ドクターストレンジ」観に行った、ネタバレてたらすみません。 >>
映画「スノーデン」観に行った

先日朝いちばんで映画「スノーデン」観に行きました。CIA NSAの元職員で、政府の個人情報収集を告発し、米司法当局により指名手配され、現在ロシア在住のエドワード・スノーデンの半生を描いた映画です。オリバーストーン監督。ジョセフ・ゴードン=レビットが演じています。凄い事件のわりには、思ったほど報道されなかったから、この映画を見て初めて知ったこと多かったです。

 

その一、オバマがスノーデンを「ハッカー」と呼んでいたので、自分うっかりバイトのオタクが情報を盗んで高飛びしたみたいに、ものすごい勘違いしていましたが、スノーデンってすごいエリートなんですね。20代で20万ドルの高給取りで、一度CIAを退職してからも企業経由で結局CIAの仕事をすることになっている。トレーニング時代に、教官も舌を巻くような天才的な速さで仕事をしたり、雇う方にしては手放したくない逸材だったようです。ドローンで砂漠の真ん中に空から攻撃できたりするのも、スノーデンが構築したプログラムを使っているらしい。それを知って、だんだん良心の呵責に耐えられなくなり、最終的には情報をダウンロードして流出させるのです。このあたり、スリリングで、ドキドキしましたよ。

 

その2 スノーデンは横田基地に数年勤務していた。子供のころ日本のアニメや漫画に影響を受けて、日本語もけっこう堪能だったとは。実は数カ国語できるらしくて、手話まで!高卒で、基本独学。まだ若いのにすごいな、スパイに必須な才能ですよね。

 

その3…..、ほかにもハッとしたことがいろいろあるのですが、どんどんネタバレになりそうなので、やめときますw。とは言っても、公開日はたった一日だけ(もう終わっている)、奨励されていないのがアリアリです。話題になれば、また公開されるのでしょうか。広く公開されて、たくさんの人に見られるべき映画だと思います。

 

↑すみません、公開されています。上映館は少ないけど、2月2日木曜日までやってます。おすすめです!

 

とにかく、映画の後、家に帰って、一番先にしたことは、うちのiMacの上部についているカメラの穴を練りゴムで塞いだこと。なんと、シャットダウンしてても、映像は筒抜けのようです。スノーデンの事件の後、アメリカ国内のネット監視は禁止されたのですが、海外に関しては違法ということではなく(?)公然とまだ行われていて、日本でも、すべてのネット情報は監視されているみたい。怖いですね、自分の情報なんて一文の値打ちがないと思っていても、友達のそのまた友達とつながっていくと、実は収集される価値が出てくるのかもしれません。ネットは便利で、かなりの中毒になっている自分ですが、将来、どんな世界になっていくのかと思うと、空恐ろしいことです。

 

で、映画の話に戻って。スノーデンの教官役で出ている俳優。リス・エヴァンス 脇役でよく見る人なのですが、最初に知ったのは「ノッティングヒルの恋人」。ヒューグラントのルームメイト役をやっていた人です。ダメダメなヒッピーキャラが好印象w。今回その時とのギャップがすごすぎて、本当にあの人かなあ、と自問自答、でもそうだった!ものすごい変わり身。確かに最近お堅い役が多かったのですが、ここまで偉くなったかw 芸の幅が広すぎで楽しい。今後も大注目です。

 

話の逸れついでに、映画の中の脇役俳優探しって楽しいですヨ。芸達者で、顔も雰囲気もどんどん変えてきたりだから、見つけ甲斐があるのです。ちょろっと出てるだけでも、あっ、あいつだ〜と、同定できた時の喜びったらw。気になっている脇役が、めくるめく変身してあちこちに出ていたりすると、まるで自分の仕業かのようにエゴの肥大化。

 

| 映画〜っ! | 14:35 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
『スノーデン』さんロシアに行った時点で
友人が徹底的に調べたので概ね知っていました。

友人は「防衛省」に太いコネを持っているので、
一般人や自衛隊員にも公表されていない
極秘事項も知っています。

でも、「TopSECRET」
(日本の特殊工作部隊が知ってる)程度で
(国内の「生物科学兵器の保存場所」とか)
       ↑
某◯◯のある場所なのですが、
その◯◯に住む◯◯もその周りの住人も知らされてません。

結構な街中です。航空地図で見ましたが、
片隅に何てこと無い平屋の倉庫
程度にカモフラージュされてます。

地下が凄いんだそうです。
「科学兵器」も怖いですが
「生物兵器」は次つぎ「感染し続けます」から怖いですよね。

知られれば間違いなく「攻撃対象」にされるでしょうね。

もう、電話もネット上の情報も
どんな方法を使ってでも傍受されてると
思ったほうが良いと言われてるので、

敢えて此処では言いません。
(美奈子さんとこ割りと大丈夫じゃないかと)


元公安の「北芝健」さんの話面白いです。

別人に成り済ますため、全ての毛を茶色に染めて
メイクして外人に成り切り国籍偽った事もあるって(笑)。
公務員が他国の「偽造パスポート」作って使ってるとは(笑)。

日本は「スパイ天国」なので その辺中に他国の「スパイ」いますよ。って


話ズレましたが、

その上の「ULTRATopSECRET」までは知らないと。

『スノーデン』さんの経歴凄いですよ。

(横田基地には「米沿岸警備隊」←何でだコレ?もあります)

で最初の「爆弾発言」笑ったのは
ケイタイ・スマホは電源を切った状態からでもONに出来て。
マイクから盗聴できる←コレで「ギャ!」っと
なったのは「浮気」してる人たちだったと(笑)。

「探偵事務所」は「浮気」の「証拠写真」「会話」の入手がグンと楽になったのです。

しかも電池取り外さないと、居場所も特定されますが
最後にどの場所で電池外したのかも分かる
となれば
街中の監視カメラで追われますから、変装も必要かも。
そこまで必死ならある意味笑えますけど(笑)。


亡くなったウチの大家さんのオトンが。
車に乗ったまま行方不明になった時。

警察は出た時間から計算して。
電源OFFにしてても大丈夫と、居場所見つけ出しましたからね。

ただ正式に警察で「捜索願」の書類書かないと、
やってくれません。←正式にキャリアにお願いする場合ですが。

でも、それぞれのキャリアの社員に
100万掴ませて「情報流出させる社員」なんて容易にいるでしょう。

まぁ、悪いことしなければ良いだけの話なんですが。

それと特に女性ですが「マン喫」「ネカフェ」は
複数のカメラで盗撮されている場合が多いのでご注意を。



映画『スノーデン』はネットで視ます。

友人にネットの達人
(普段全国の原発のプログラミングを出張でしてます)
がいるので助かってます。

『オデッサファイル』
    ↑
『ジャッカルの日』を書いたフレデリック・フォーサイス

は英語版しかありませんでしたが。
ネットでネタバレを見ていたので、
ほぼ理解出来ました。

富津市に『オデッサ』のメンバーに丸で当てはまる
女性(97)いらっしゃるんですけど。
口が裂けても聞けません。

『Trainspotting2』はネットでも良いけど

『ゴースト・イン・ザ・シェル』
『BladeRunner2』
『Galaxy of Guardian2』は映画館で視たいと

 何処で視るか考え中です。
| Skip | 2017/04/25 5:37 PM |
そうですよね、監視社会にあっという間になりましたよね....
ミレニアムのテーマって結局プライバシーの喪失なのかもしれませんね。
こうやって、自分の生活をブログで書いて出したり、
家族の写真や自撮りを出したりと、
監視もされているけど、相互的に「自分を見せたい、わかってもらいたい」願望もうんと強くなってきた気がします。...もしかして、そうさせられているのかなw
| minako | 2017/04/28 8:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/370
トラックバック