<< 映画「ドクターストレンジ」観に行った、ネタバレてたらすみません。 | main | TRIBUTE☆TRIBUTE >>
LA LA LAND 観に行った!

映画「LA LA LAND」観てきた〜!予告編に出てくる女子4人がガツンとした色使いのドレスをひらひらさせて踊り歩いてるシーンやら、アカデミー賞の間違いアナウンスでぬか喜びしてしまった場面見て、いったいどんなストーリーなの?と気になってました。

見た後でネットで読んだりしましたが、過去の名画のオマージュてんこもり、見逃した箇所も多かった。私でもわかった顕著な引用は、「カサブランカ」なんだけど、強面のボギーもああやって、ウィスキー片手にうすら涙目で、バーグマンと「たられば…」の人生を空想したのかなあ、なんて感慨深かった。

 

「きみに読む物語」で一気に有名になった(と思う)ライアン・ゴスリング、最近はマジギレ5秒前っぽい映画にばかり出ていたから、私にはストレス度高い俳優さんでした。今回はイースター島のモアイみたいな優しげな(ちがう?)顔面が生かされていて良かった〜。こういうクラシックな映画をもっと演じてほしいな。スタイル完璧で、スーツやジャケットがめちゃくちゃ似合う、ピアノを引くときに、いつも髪の毛がぱらりと一筋落ちてるのも、サービス満点の演出です。

 

エマ・ストーンが最初オーディションで落ちまくりの女優志望だった顔と、有名女優さんになったときのファッションやメイクの違いがよくできてて、自分の仕事面で学んだ。売れないときは、うっすら脂っぽかったり。ファッションは元気で軽やか、カラフルなワンピースや、ポリエステル系の白シャツパンツ。有名になると、髪はまとまってて、肌テカリゼロw で、ファッション素材がゴージャスなツヤのブラック(ネイビー、だったかも…)なのだ。いわゆる一般人と、プロのスタッフに渾身で磨かれている立場の違いが一目瞭然。…そうか〜w。

 

それと、エマ・ストーンの強運度、おそれいりました。翌日知ったのですが、ハリーポッターのエマ・ワトソンが(紛らわしいなあ…)本来この役をオファーされていたそうです。エマ・ストーンは「ヘルプ」という映画で南部の黒人差別に戦うお嬢さんを演じていましたが、声の素敵な女優さんで好感度だったものの、うっとりするような女優さんではないな、な印象。LALALANDで今後も大活躍そうなトップ女優になってびっくり。ちょっとベティ・デイビス入っているかも。ウルトラマンも少し….。やっぱり、今の人気者って、どこかでクラシックの原型をなぞっている人が成功するみたい。....ちょっと強引かしら、とほほ。

 

二人の出会い第一印象、最悪っ!から始まるのも、ラブコメのお約束にのっとってて嬉しいな。古くはクラーク・ゲーブルとクローデット・コルベール「或る夜の出来事」、90年台のメグ・ライアン、ビリー・クリスタル「恋人たちの季節」。こうしてお互いケンカしながらうっかり恋に落ちちゃうのを、うりうり、オラオラ、と冷やかしながら観るのが醍醐味なんじゃないかしら。

 

主人公二人のダンス部分が、がんばっているんだけどキレがなくってちょっとリハーサルしてるみたいに見えちゃった。そこんとこが、予告編で見て胡散臭かったところ。でも、他の部分で補えてるとこがこの映画の力量ですね。しかし….、もしも、この映画全部アフリカ系の俳優さんで撮ってみたら、それも面白かっただろうな〜。男優プリンス、女優ビヨンセレベルの新人さんがいたら...妄想…..で、群舞のシーンはもろソウルトレイン! 夢を追うのも、より難しいわけだし、見たいかも〜〜〜っ!アカデミー賞も取りこぼしなく総なめできたでしょうに….。しばらくぼけ〜っと、脳内再生してまた時間を無駄にしてしまいました。

 

 

| 映画〜っ! | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/372
トラックバック