<< 那須さんの個展に行ってきた。 | main | ビリヤニって美味しい >>
地元鎌倉で活動しまくった!

JUGEMテーマ:お出かけ

先日天気の良い日に近所の山道を思いっきり歩きました。というのも、万歩計みたいでもう少し多岐にわたって計量する「活動計」なるものを買ったのです。今年の冬、局所的にたるんでしまって、服が着れなくなる事象あり。焦って手当たり次第方策を講じてみたのです。困ったもので、活動計を設定してみたら、なんと私の基礎代謝量は1000kcalちょっとしかありません。1日座って作業でプラス250kcalくらいしか使っていないのです。これじゃあ太るわけです。だってちょっとした外食のランチって700〜1000kcalとかあるんだもの。その上、忙しくて、座り続けている時に限って、精神的にオヤツが必要なわたしw。動いているのは目と手と、口だけって….その図、ずいぶんサイテーです。まず、自宅で、縄なし縄跳びをしたり、ハードに家事をしたりしたのですが、大して活動量は上がらず。山道を歩いたらどれだけか、と早朝からバリバリ出発したのでした。

 

なんか、すっごく前置きが長くなってしまいましたね。まず自宅から一番近い花見で有名な源氏山を通って、大仏ハイキングコースへ、そして海に出て、海沿いのお散歩コースをしばらく進んで、そして戻って鎌倉、突然自分なりにはすごかったと思う。天気が良くて本当に気持ち良い! 山道では、すれ違う人みんなに「こんにちは」って声かけられて、街とは全然違うルールなんですね。大仏のハイキングコースは外国人観光客にも人気みたい、突然「こんにちは」と言ってくれる人が多かったです。途中お昼ごはん(低カロリー!)を食べてから鎌倉文学館に行きました。着いた時にはもうボロボロだったけど、芝生の庭のベンチでぼけっとしたり、自販の飲み物があるお部屋で、くつろげたり、なんとか蘇生できました。

 

文学館では今、「夏目漱石の手紙」という展示やってて、すごく面白かった!!!漱石はお手紙が好きだったようですね。娘にイギリスから綺麗な鶏の絵葉書を送っていて、この鶏が卵を産むからお上がんなさいって書いてある。私も子供のころ大人たちにおやつなどもらう時「お上がんなさい」って言われてた。懐かしい言葉遣いです。漱石自筆の猫の掛け軸もあって、絵が上手すぎ、その黒猫の生意気そうな顔に感動。他にも初版本のすごく素敵な装丁の数々やら、小さいスペースの割には見応えあって、疲れた自分に鞭打ってなるべくゆっくり観て回りました。

 

これだけてんこ盛りに体を使った日は、最近ちょっとないかもな、ものすごくたるんでる自分ですけど。帰ってわくわくしながら活動計見たら結局650ckalだった。う〜む、1000kcalくらい使ったかと思ったよ…。消費することも至難の技、しかし、もし食べ物も買えないほど貧乏になったり、山で遭難したりしても1000kcalで一生サバイバルできるってことなんだ。そう思うと偉いものです。

 

 

鎌倉文学館の素敵な門、ここは通れない。元は前田家のお屋敷。

| 地元だ鎌倉! | 11:47 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
「侯爵」第二爵位ですね。ちょっと調べてきました。
「公家」「武家」とか 「武勲者」までで、
財閥系でも「男爵」までしか行かない←この部分は知ってました。

と言うのも最近「旧国立銀行153行」を調べてたんです。
ナンバーズ・バンクです。銀行名の前に数字が付いてる銀行はその名残です。当家は150番目だったみたいで。

何故 岩崎さんが148番目になったのかが解らないですけど。
何か弥太郎さんに随分恩義があるらしいんですよ。
それで調べてたんです。

資産家は皆 文化還元で私財を寄付してますね。
昨年かな?千葉の富里市に三菱地所より「旧岩崎家末廣別邸」が寄贈され、今工事中で市の管理下になるみたいです。

三島市に「佐野美術館」ってあるんです。
元スコラにいた「佐野さん」のお祖父様の「刀剣」「甲冑」コレクションを
三島市に寄贈したらしんです。
戦争があって殆どアメリカに持って行かれて
日本の国宝級の物は「ボストン」にあるらしいです。

それまで私立美術館だったらしいいんですが、
とても管理していけないと言ってました。
「佐野さん」芦屋なんですが、
「花王」と関係あるはずと聞いてましたが、
本人からじゃないので定かではないです。

三島市に何かあったんでしょう。

「鎌倉」は良いですね。
 美奈子さんも「秋山政美」さんもおっとりしてらっしゃるし。ま「佐野さん」もそうなんですけどね。
| Skip | 2017/04/28 2:36 AM |
skipさん、コメントありがとうございます。
昔の美術の良いものがたくさん海外に流出してしまっているのですから、
寄贈されて、よく保存されている美術品はありがたいですよね。
地方にもたくさん良いものが保存されているのでしょうね。
もっと日本の古いものをよく観てお近づきになりたいと
常日頃思って入るのですが。
| minako | 2017/04/28 8:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/377
トラックバック