<< 運慶、つづき | main | お花見その2 >>
お花見

もう一昨々日前なのですが、お花見に行くのに、北鎌倉駅前の光泉のいなり寿司を買って持っていった。光泉はお店の風情も、味も何十年間もぜ〜んぜん変わっていない。笹の葉柄の包紙や割り箸の狐の絵も、私が子供の頃から全く同じです。お稲荷さんの上に白ごまがかかっているのと、紅ショウガの中のプチッとした紫蘇の実が好き。今回うっかりお稲荷さん6個だけの折を買ってしまったこの写真ですが、もっと好きなのは、河童巻きが三つと、かんぴょう巻きが3つでお稲荷さんは4個のおり。甘いお稲荷さんの後に、さっぱりとお酢の効いた海苔巻きを交互に味わうのがいいのよね。巻物なし、あり、どちらも一人前650円です。

 

 

源氏山に至る葛原岡神社周辺は都内に比べたら寒いかも、一昨日当時は満開までには至っていなかった。その後、古くなったとはいえ一応桜の名所鎌倉山にある 笛田公園にも行ってしまった。もう少し満開っぽい花を見たくって、今度は車で行きました。笛田公園の野球場の前に、白い山桜が満開でなんか中国茶のようないい香りが充満していたの。どんな品種なのだろう。チャイナタウンにあるお香の匂いを うんと優しく上品にした感じ。木に札がついていて、「サクラ」としか書いていなかったのが少々残念。昔、和歌に歌われた桜はこんな感じだったのかな。 

 

その後、同じ公園の片隅に、お花見パーフェクトスポット発見!タンポポが咲いている緑の広場に、桜の木が数本、そして、片面は見晴らしの良い崖になっているの。ここにピクニックシートと毛布を敷いて、ゴロゴロしながら本を読んだりしたらいいな〜。近所の方はみんな知っている場所なのかしら、市民テニスコートの近くです。

 

 

結局、おいなりさんは葛原岡神社の周辺のピクニックテーブルで食べてしまい、でも、おやつが欲しくて、笛田公園の下の幹線沿いで売っている「くるみっこ」を買って帰った。甘党で木ノ実好きならど真ん中なおやつですよ。柔らかいキャラメルの中にくるみがゴロゴロ入っていて、それがクッキーでサンドされている。実は歯に悪そうなんだけど、一つの包みが結構小さいから、まいいか…。ここ梶原の常盤工場直営店に行くと、割安な「こわれくるみっこ」そして、私の好きな「切り落としくるみっこ」が売っているのです。端っこだからクッキー部分が多くて、甘さとカロリーと罪悪感が減っていると勝手に思う。たま〜にチャンスがあると買っています。一つの袋に随分たくさん入っていてお得です。

 

あ、花より団子を地で行って、食べ物のことばかり書いてしまいました….。実は翌日もお花見に行ったのです。すみません、続く。

 

| 日々のネタ | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/394
トラックバック