<< 本日PEACE CARD展で在廊しています | main | セリーナ・ウィリアムスのドキュメンタリー、 ネタバレまくり >>
PEACE CARD展終了、そしてボヘミアン・ラプソディ

JUGEMテーマ:洋画

ピースカード展、一昨々日終了しました。ご来場頂きありがとうございます。また来年もありますよ、きっと。今年ギャラリーや、他の機会でお会いして、来年はPEACE CARDを出したいと行ってくださった方が多くて嬉しかった。来年は早めに、出展のお知らせをいただいたと同時にブログなどで宣伝しようと思った。よろしくお願い致します。

 

で、話は変わって、私の周りでは絶賛の嵐の映画「ボヘミアン・ラプソディ」観に行った。70年代ロックバンドのクイーン、そしてそのリードボーカルのフレディ・マーキュリーの人生。タイトルはクイーンの代表的な曲、と言っても他にも代表的な曲だらけなバンドですよね。やっぱりクイーンみたいな、デーハーな、大仰な、濃ゆい世界ってほんとに好きだ。この映画がめちゃめちゃ人気があるってこと、私は自分のことのように嬉しかったりしてw。Mama, just killed a manという出だし、狼みたいな顔のフレディ・マーキュリーにぴったり、残酷で耽美的で、少年って感じの。映画見ると言いたいことがたくさんあるんだけど、まあいいや、「ネタバレ」の境界線がはっきりわかっていない自分はあんまりくだくだ説明しないほうが良いみたい。しかしクイーンの音楽はしっかり楽しめますぞ。それにフレディ・マーキュリー役の本物みたいな動きとか、他のメンバーも似てる似てる!!!

 

.....あらら、私が持ってた最初のクイーンアルバム描いてみた。が、こっちは全然似てなくってすみません。やっぱりクイーンといえば、あのよつばのクローバー的フォーメーションのこのビジュアルが一番好き!

 

| イラストレーション | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/414
トラックバック