<< ずいぶん前だけど映画「VICE」観た | main | スズメバチ問題 >>
夏休み、虫好き、全員集合ダヨ〜っ!

JUGEMテーマ:展覧会

先日イラストレーターの那須慶子さんに誘ってもらって「虫展」デザインのお手本 に行った。内覧会だったので、虫もすごかったが来ているお客さんも派手で、どちらも鑑賞、うふふ。「デザインのお手本」というだけに、昆虫のありとあらゆる部位からデザインのヒントをもらえるみたい。ロボットをデザインしている人などは昆虫をよくよく観察しているのだろう。足とか、触覚、羽とか、目とか、どこもかしこも巧くできているものね。映画で、ヒーローが巨大昆虫と戦ってやっつける場面、本物の昆虫だったらすごい瞬発力、スピード、巧みな動き、人間なんて、同じサイズだったら、瞬殺だよねぇ。展示の入り口付近に憧れの昆虫たちの標本が大きな展示ボックスに大集合、これがまた飽きないんですよ。夏休み企画ということなのか、昆虫博士的なお兄さんがあちこちに待機していてなんでも説明してくれるみたい。標本の係りの博士さん、一日話を聞いていたいくらい。

 

昆虫標本

 

小坊の頃、牧野の図鑑をただただ眺めているだけで幸せだったのを思い出した。牧野の図鑑は、昆虫でも種によって違う本で、セミカメムシの仲間、蝶、甲虫とか分かれていた。ボルネオとかのゴージャスな昆虫が素晴らしいイラストレーションで描かれていて、一つ一つ見るだけで、それだけで!超充実な夏休みなんだよね。「ボルネオ」ってつくづく行きたかったものだ。そして、蝶やらセミやらだけじゃなく神秘的なカビとか、菌とかきのこの本もあったなぁ。

 

展示に戻ると、暗くしたひと部屋にはテカテカに綺麗な甲虫たちの映像があって、お〜、カラフルな甲虫たちに混じって私が大好きだった「シーツノゼミ」が登場。あれが好きな人、やっぱりいたんだな。同志を見つけた気分ですよ。これは色もサイズも地味ではあるが、横から見て大きな「C」型のツノを持ったセミ、名前も可愛いでしょ。

 

美しい甲虫

(残念ながらシーツノゼミは撮り損ねました、涙)

 

あんなに舐めるように図鑑を見て憧れていた自分も、結構名前など忘れていることに今回気づいた。その上、思い出は、もしかして自分のファンタジーだったりして…もはやそこんとこもよーわからん。歳とともにだんだんボロボロ、砂のように落ちて行くのかな。寂しいような、余計に愛おしいような…。

 

会場にこの展示の企画監修の養老孟司先生も来ていらっしゃった。これもまた懐かしすぎなんだけど、子供自分養老先生のお母様が地元のお医者さんで年中お世話になっていましたよ。当時は大塚先生ってお名前だったから、なんで急に大人たちが養老先生って呼ぶようになったのか、きつねにつままれたみたいだった。祖母によると先生は、その昔人力車で往診していらした時があって、そりゃあお綺麗で有名だったんだって、そういえば、髪を真ん中分けのお団子にした色白の優しい感じの人だったなあ。もう一人地元の「せーがん先生」この方は話す前から注射打ってくるみたいな怖い先生、親が「おおつかせんせー」に行くと言うと、ホ〜ッと胸をなでおろしたものです。

 

なぁんてことをこの展示を見たら次々に、芋づるのように思い出しちゃった。子供の頃の記憶って、本当に不思議。いろんな色や匂いや音と一緒に、まだまだ結構残っているようでした。

 

虫展

 

コウロギ食

(あ、そういえば、コーロギも食べたんだっけ、調味料の味が勝っていて、普通に食べられました。

 

 

21_21 DESIGN SIGHT 企画展

虫展 デザインのお手本

 

21_21(東京ミッドタウン・ガーデン内)

2019年7月19日(金)ー11月4日(月・祝)

10:00〜19:00(入場は18:30まで)

休館日:火曜日

 

| 文化〜っ! | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.minakos.com/trackback/430
トラックバック