あ〜、やられた〜。

昨日、ツイッターで17時から川崎駅で小沢一郎さんが選挙応援で登壇と見て、とるものもとりあえず出かけて行った。40分しかないのに。走って駅前の会場に着いたら、え〜〜〜〜っ、ガセネタだったよ、来ないんだそうだ。しかし、SEALsの奥田愛基さんと、あさか由香さんと、共産党幹事長の志位和夫さんのスピーチは聞いたよ。かなりの混雑で、拍手や合いの手が入って、熱気でした。志位さんって、テレビで見ると、お役所メガネで迫力に欠ける様に見えるのですが、リアルだと、カリスマでびっくりした。パワフルエネルギーが放出されてて時に笑わせるし、年齢不詳っぽいけど意外と若いのだった。たたき上げの政治家って凄みがあるものですね。

 

私はもう、政党はまぁ、おいといて、今後他の国がやりだす戦争に巻き込まれないように、って、とりあえず今はそればかり祈るように投票します。なので、今回野党がまとまるように決断してくれた人は最大評価!ありがたいことです。なんとか、憲法改正とか再稼働とか阻止できます様に。

 

 

しかし、やっぱり小沢さんを見たかったな。実は小沢さんは新進党の頃から、なぜかファンなのです。私にはあの顔がいつもJFKっぽく感じられた(はいはい、笑っていいですよ)。やっぱりスピーチがわかりやすくて、はぐらかしをしない、まあ、言えないことはちゃんと言わない、みたいな真っ当な、言葉を大事にする政治家な感じがしたからです。民主党の幹事長から、例のなんだかわかんない、「期ズレ」「強制起訴」で追い落とされた時、生まれて初めてデモに参加しました。デモがあるたびに出かけて行ったけど、なかなか世間は冷たいなあと思った。テレビや新聞が言ったことが正しくて、本当はどうなの?ってことに心を開いてくれる人はいたけど、とても少ないみたいに感じられた。

 

でも、その頃から比べたら、今では若い人や私の周りでも、メディアを鵜呑みにしないで、口コミから調べたりする人がめっちゃ増えたよね。嬉しい嬉しい、もっともっと良くなる気がします。

 

昔から政治って見ていると、結局は世の中は私みたいなフリーランスの能天気が思っているよりも数段保守的なので、まあ高望みをしないでも少しづつまっとうに変化して行ってくれれば良いと思う様になりました。こうなって欲しいと思うことはたくさんあるけれど、今は地道に変化しながら、もしかしたら未来にめくるめく様に幸せな進化があるかもしれません。こんな時代ではなるけれど、ちょっとそのへん想像するだけでうきうきできたりしちゃいます。

JUGEMテーマ:お出かけ

 

| 日々のネタ | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0)
漢方薬屋さんに行ってきた

昨日は普段酷い頭痛に悩まされている夫が、病院から鼻の手術をいいわたされ、で、何とか避けられないものかと漢方の薬屋さんを探したのです。ネットで大捜索したお蔭で、中華街の近くにて良さげなところを見つけました。


漢方の薬剤師さんに伺うと、やっぱり鼻の手術の予後はそう簡単ではなさそう。現に義理の兄も、若い頃、鼻の手術をしていて、どうもその結果らしく、ずっと喘息みたいになっているのです。目の間が迫って、めちゃくちゃ鼻の高いものだから、一旦問題が起きると大変らしい。それでも義理兄は、鼻づまりと比べたら、今の状態の方がよっぽど良いから、必ず同じ選択するって言っていたけど。一応手術の前に試せることは試した方が良いと思った。


色々漢方のサイトを検索して、面白いテストがありました。項目にチェックすると自分の漢方的体質がすぐ出て来る。「証」というのですって。で、それに合った食べ物とか、生活のアドバイスなんかもチェックできて、面白いなあ。


私の場合はやせ形なので、血が足りなかったり、意外にも水が足りなかったり、それにしても、結果、殆どの項目で、心配しないで良く寝る様に、とあって笑えた。そういえば、色々心配しても意味のないこと考えて、夜中にどんより起きていることもありますね。昼間、外に出てガシガシ身体を動かせば自然に深く眠れるのでしょうが、年がら年中PCに向かって描いている様じゃあ、そりゃあ、睡眠不足にもなりますよ。これみていて、漢方の入ってる養命酒をまた買いたくなっちゃった。好きなんです。養命酒をちびちび飲みながらだと、夕飯の支度がなぜか楽しいんだな。


私自身、5年前に突然酷いバセドウ病になったとき、漢方をやって良い結果だったのです。その時もサイトの大捜索をして、大阪の漢方のお店が、バセドウでヒットしたので、高いなあ、と悩みながらもやってみました。数値がかなりが酷かったのです。その時も最初から、心配しないで、感謝の気持ちで過ごす様にと薬剤師さんに言われた〜、いや、感謝無しで過ごしている訳でもないのですが、やはり、自分の気質がつい体力以上にがんばってしまうタイプなので、足りないところに目がいく訳なんですよね。フリーランスの性か、ただの文句屋さんなのかなw 難しいところです。


その時の漢方薬は、葉っぱや、木のかけらや、雲母みたいにキラッと輝くものや、なんだかわかんない茶色いものが一杯混ざった巨大ティーバックみたいなのを、毎日とろ火で煮出して、朝と夜に飲むのです。初めて味わったときは、なんと驚愕の苦さ、ちょっとなめただけで、ず〜っと後を引く強烈な味とにおいです。一体何が入ってあのような味になるのか….、念のため、知らないでおきました。これをずっと飲むのかと自信なかったけど、もう買ってしまって後の祭り。


しかし、未だに面白いなあと思うのですが、日々飲んでいるうちに、その苦さを感じなくなって、それと同時に数値や体調もぐっと良くなって、お薬卒業時には、逆にその苦さが、まるで濃い緑茶をのんでいるみたいに美味しく感じる様になっていたのです。体質改善って、ただのコマーシャルでもないんですね。舌で覚えて、自分に証明できて、非常に達成感がありました。私には漢方はとてもよく効いた様です。


夫のお薬は、もっとずっと簡単に飲める丸薬を何種類か。しかし、言ったらかなりの確率で拒絶されそうな不気味なものが入ってる〜〜〜っ!!!いや、もしも、自分が知りながら飲むのも、プラシーボの逆になってしまいそう、泣。ここはやっぱり、知らぬが花、内緒にしておこう….色々ありますもんね、漢方の世界って。 


写真は…ちょっと近所でバナナの木見てきた。
| 日々のネタ | 15:52 | comments(4) | trackbacks(0)
水飲むのって,やっぱり良かったんだ!

昨日のことなのですが、いつもの様にホームベーカリーでパンを焼いていて、ウッカリ、「サフの金印ドライイースト」の代わりに、「味の素 本だしカツオ」を入れてしまった。さすがに匂いでスグ気がついて、イースト用のくぼみを湿らせたティッシュで掻き出したのです。


 ホームベーカリーのイースト用のポケットは静電気が起きるとイーストが素直に下に落ちないので、お掃除は乾いた布禁止。がんばって少しずつ取り除いたものの、下にくっついて残っていて、焼けたらやっぱりカツオ味だった。食べますけどね、私が…。ピザトーストとかにすれば,何とかなりそうです。


 しかし、ドライイーストと本だしカツオを同じ様な透明の気密容器に入れているのが、そもそもイカン。なにしろこの二つ、てんで違う物質のくせに、質感がかな〜り似ているのです。バカをやって昨日は落ち込みました。今までも、間違えそうになった事があるのに、対処するのを忘れていた→とうとう、やったな→なんかこの頃ボケてる…将来が心配。みたいな感じ。


ところで、お水を飲むのってカラダにいいとよく聞きますよね。モデルさんは年中水飲んでいて、「美の秘訣は水を沢山飲むこと」と必ずありますよね。透明な水は美人にお似合いです。自分は、何を今さら〜〜って感じで、今まで敢えて水を沢山飲んだりして来なかった。


で、最近水を沢山飲むと、たぶんボケないという話を聞きました。同じ様な話を二つ違う場所で聞いたのだから、心の底でかなり心配しているのかも、どきっ。


 その1、昔よく見かけた「セブンアップ」という飲料。そもそも「アップ」というネーミングが飲むと若干「ハイ」になってしまうから、つけられたというのです。アメリカのある地域のミネラルウォーターを使っていて、その中に偶然、本物の抗鬱剤 リチウムが1000分の1の濃さで入っていたのだそうです。


リチウムは最近の研究で、丁度1000分の1の分量で毎日飲むと、脳の細胞が復活すると認められたのですって。だれでもその量で飲むと丁度良く冴えるみたい。ただ素人がその量を計って飲むのは難しそうですし、そもそも処方箋薬なので、簡単に手に入りませんよね。その後、セブンアップのリチウムはとっくの昔に取り除かれ今に至っている様です。残念ですね。しかしその地域のミネラルウォーターはいまだ採取されているらしく、今後市場に出て来るのかも知れません。


もう一つはシリコンが微量はいったミネラルウォーターも同じ様に効果があるという件。こちらは既に認知症が進んでいる人にもそこそこ効くらしく。調査すると半数程度は機能が改善したのですって。すごいですね。水ってのがシンプルでありがたい、普通の水をケイ素サプリと一緒に飲むのではダメなのかしら、今後期待できますね。


で、結局そんな特別なミネラルウォーターを探さないまでも、普通の水でも一日に2.5リットル飲んでいる人は飲んでいない人に比べ、よりデトックスできていてボケにくいらしいです。それに、他の健康ご利益も沢山あるようです。


私はコストコで売ってるブリタ6個パックのカートリッジを使って、こんなご時世ですからお水の浄化には気を使っています。(まるで、コストコの宣伝しているみたいですが、円安になるまでは一個ずつ買うよりかな〜り安かったのです、もう高くなっているかも知れませんね...、涙)あと、通販の4リットルパックのクリスタルガイザーも併用中。せっかく家族の健康をキープしようできる責任ある地位にいるのに、放射性物質余分に飲ませていたら、本末転倒ですよね。そこんとこは、これからも変わらず毎日気をつけたいなと思っています♡


 
| 日々のネタ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0)
文化鍋で白いご飯!

食欲の秋、新米お迎え準備wとして、この度文化鍋を購入しました。最近、電気給湯器が破損したのを境にガス引き込みをして、IHクッキングヒーターもガスコンロに取り替えたのです。殆ど壊れかけていた電気炊飯器も処分して、コンロで手動で飯炊きしたかったのです。もう数回炊飯したのですが、変えて良かったです。お米がもちっと甘くて美味しい!料理には「炎」が必須ですね。ご飯だけでなく、他の料理も炎で加熱したのと,電磁波で加熱したのと、かなり違いがある様に感じます。


文化鍋は炊飯に特化した厚いアルミ鍋で、吹きこぼれしにくい様フチが高くなっているの。昭和の香りたっぷりのデザイン。私は子供時代、このご飯で育ちました。電子レンジは小学校中学年くらいに出てきて、それまで冷たいご飯は蒸し器で蒸して食べていました。文化鍋は蒸し器としても使えるし、煮物も美味しくできる様です。


今回購入したのは、内側面はテフロンで目盛り付き、蓋が強化ガラスで中の様子が見えるリンナイ製です。アマゾンで2800円代でした。ホントはテフロンは身体に良くないと言われますが、言い出したらキリが無くて。アルミ製は脳に溜まってアルツハイマーになるとか、鉄やホーローも混ぜ物が毒だったり、厳密に言うと必ずしも安全ではならしいです。それなら少しは楽しようとガラス蓋、目盛り付きで、洗いやすいテフロンにしました。


電気炊飯器のやたら高価なものは使った事がないのですが、以前、もう大きな炊飯器はいやだ、という親のところから持ってきた当時の中〜高価格と思われる古い炊飯器、ずいぶん長い事使っていました。しかし、これが見かけ倒しで全然美味しくなかったのです。今回文化鍋を考えたのは、炊飯器の殆どがIH化していて、ただでさえ、IHクキングヒーターの妙な振動で頭痛になていたのに、またも電磁波の元を加えてはキッチンの居心地が過酷になりそうだったからです。ホントは小型のマイコンジャーでもそこそこよく炊けるのかも知れませんが、結局、それよりまだ安い文化鍋で美味しく素早く簡単に炊けてご機嫌です。


あと、鍋なので、丸洗いできる清潔感も良いですね。これで生協のセラミックの四角いおひつを購入すればパーフェクトな白米生活になりそう。ところで、日本全国の米の汚染がすべて無くなります様に….。いくら美味しく炊けても、そのあたりはいまだ心配なのです。でもお米の神様(なんとなく白いヒゲの白っぽいおじいさんのビジュアルw)にお祈りしてます、非科学的ですけど、しないよりはマシ…かも知れません。



お知らせ♡


本日6時30分より、「TIS夜店」があります。

TIS展出品作家が売り子になり一日限定のお店を開店いたします。

お近くにいらしたら,是非ご来場ください。



 
| 日々のネタ | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0)
元気になって帰ってきた〜!

気功合宿に行ってきました。やる事山積みだったけど、強引に行って良かったぁ!春頃から地味に溜まっていた疲れがとれた気分です。場所は山中湖畔だったのですが、もう完全に秋!ネットでは2〜3°低いだけなのに、実際にはひんやりを通り越して、寒いよ〜。カラダの疲れも相まって凍えていたのですが、そこが気功の不思議、2日目から同じ服装でもホカホカしてきました。やっぱり血の循環が一気に良くなるのね。





朝起きて、林の中で太極拳やって、一日練習して、お昼寝もして、沢山食べて、夜は旅館の屋上にねころがって星を見たり。ホントに久々に浮世離れした3日間を過ごしてしまいました。


以前もブログで書きましたが、私の参加している気功は禅密気功と言って、瞑想と背骨ユラユラ系の気功なんです。他の気功は動きがもっと決まっているのが多いらしいのですが、4種類しかないので、太極拳と違って動きを覚えるのはかなり楽です。その上、動いた後は楽しい「お昼寝」が待っているのです。なぜか気功をした後はどんな時でも爆睡してしまうから不思議。普段の生活では無意識にてんぱってて「お昼寝」なんてまずありえません。気功と太極拳を地味目に続けて行ったら、けっこう元気でいられそうな感じがします。



しかしこういう時に限って、のんびりお茶したいようなめちゃ可愛いカフェなど発見、トトロかムーミンのお家みたいです。





今回は見るだけだったから、ケーキ食べてお席でぼ〜っとしに行きたいな。





お散歩中に真っ赤なタマゴ茸も発見。子供が小さいとき、春や秋にはキノコ図鑑を持って、見たものには必ずチェックマークをしていたのですが、タマゴ茸を見るのは初めてです。おもちゃみたいにな派手なのに食用とはこれいかに。煮たらこの赤い色はおつゆに出るのでしょうか?季節の変わり目に自然一杯なところに行くと驚きが沢山るようです。近所には鹿や熊やイノシシがでるみたいで、練習中にも、「捜索中のクマが無事みつかりました」とのアナウンスがあったり、2〜3時間の小旅行でもこんなに楽しめるなんておトクだわw。


湖畔のさざ波や、豊な色の空の雲、風にたなびいているネコジャラシっぽい草の群生。自然の色々から滲み出て来る早い秋の匂いをお腹いっぱい嗅いできました。






今日はこれからTIS展のオープニングです。連チャンすぎでちょっとマズいのですが、がんばって行っています。お近くにいらしたら是非覗いてみて下さいね。
 
| 日々のネタ | 14:12 | comments(4) | trackbacks(0)
毎日、滝行….、なんてウソ

また心入れ替えてブログちゃんと書くつもり。ごめんなさい。


今年の夏は少し涼しかった。でも広島の土砂崩れの様な悲惨な災害もあって、お見舞い申し上げます。あの広範囲な崩れかたを見るだけで、以前より災害の規模が俄然大きくなった様な、もう明日は我が身、何が起っても不思議は無いような気持ちになってしまいます。


話は全く飛びますが、電気温水器が壊れていて、今年の夏は水シャワーとスーパー銭湯を多用してしまいました。ナント、ちっちゃな弁が壊れただけで、全とっかえしなくてはならず、給湯器には「エコなんちゃら」って名前がついてるくせに、全然エコじゃないんですよね。ぷん。


この際、ガスを引き入れようと色々企んだのですが、それも、道路から奥地で家のかたちが鰻の寝床なので、規格以上のけっこうな額になる。で、370リットルの電気給湯器の廃棄だけでも、「これはタイヘンですよ〜」と業者さんが嫌な顔みせる。そんな折りも折り、IHコンロも壊れちゃって、それも合わせて、見積もって頂くことになり、忙しいな〜。


業者さんにお電話で沢山質問して、やっとなんとか目鼻がつきそうですが。それにしても、降る時は土砂降り。いっぺんに来ました。


そんな訳で、必要に迫られ水圧の高い水シャワーを浴びていたのですが、これスッキリしますね。頭って意外とオーバーヒートしていて、水でガンガン冷やすと気持ちいいみたいです。逆に背骨のあたりは「ぎゃ〜!」くらいに冷たいの。位置的には大して違わないのに人体の不思議を感じます。よりヘンなのは、この頃好きな俳優さんの名前もスっと出ない程ボケまくってるのに、冷却が有効な程アタマを使っているらしいってこと。アホはアホなりに活動している様なのです。


近所のスーパー銭湯も制覇しちゃいました。塩サウナって素晴らしいですね。お塩でマッサージするとツルツルになって、あれは肌の上で一体どんな交換が行われているんだろう。ただの塩なのに、有り得ない程ツルツルフワフワで、高価なボディクリームも沢山あるってのに、安上がりに 驚きです。いらないがものをずいぶん出してくれてるみたい。塩は偉い。塩が中世みたいにめちゃ高価な地域もまだあるのかな。


そんなある意味キビシくも、反エコな夏を過ごしていた、いつものように残念な私ですが、最近香水に凝りだしました。昔ながらのいかにも香水ぽいヤツじゃなくて、エッセンシャルオイル系な香りです。ナント1mlの小分け瓶の通販とかあるんですね。海外の通販で1ml、90セントからあるので、今回色々選んで買ってみちゃった。一つ一つ大事に試してみようと思っています。


 
| 日々のネタ | 11:17 | comments(6) | trackbacks(0)
HAPPY GIRLS BENTO
 昨日は横浜そごうに行ってきました。タマビの同級生の田中美雪さんのお弁当コレクションがロフトの店内広告として展示されていたのです。最終日だったけど駆け込めて良かった。



お嬢さんの為にはじめたダイエット弁当をアップしていたHAPPY GIRLS BENTO超人気ブログです。可愛いんだけど、シャープで粋なかんじで、何と言っても美味しそうで、昼時に見たらそれ一個欲しくてツライです。沢山あるどのお弁当も素敵に作ってあってそのまま料理本になりそうだからこの際、本を出版して欲しいな〜。


私もこれ見て、こんな素敵なお弁当が作れる様にセンスを盗みたいのだけど、いったいどうやって、お弁当の具を箱のサイズにびしっと可愛く詰められるのか、訳わからない。簡単に作っている様に書いてるけど、ウソっぽいぞ。具が寝転んだりしないで、みんな丁度良くふんわりと立ってるのはナゼ???お弁当は私も数多く作ったけど、決してこんな綺麗なものはできなかったわ。秘密を聞こうとしても、撮りかたにコツがあるのよ〜とか言っちゃって教えてくれない。本を出したら、そのへんヨロシク。
| 日々のネタ | 22:07 | comments(2) | trackbacks(0)
まんじゅうこわい
 

ホームベーカリーの機械を購入してから、殆どパンを買わずに毎日せっせと焼いています。私はデフォルトの配合でカルディの2キロ袋の小麦粉を最初に計ってパン用ミックス粉にしておき、ポンと機械に入れるだけにしています。別の投入口にいれるクルミも砕いて個包装にしておき、バターも10グラムづつ切って冷凍してあります。なので、本当に簡単、作業の遅い私でも毎日焼ける訳です。

毎回同じ方法なので、失敗する事はほとんどないのですが、昨日やりました。材料をこねる為の羽根を釜の底にくっつけるのを忘れ、それでも途中で気づいたので、べとべとになりながら釜に手をつっこんで羽根を軸にさしたのですが、時既に遅し、焼き上がったパンは、全然膨らまず、重た〜い漬物石の様なまんじゅうになってました。パン一斤の重さってバカにならないですね。

最初の頃にも一度同じ間違いをした事があるのです。その時は夫がちょうどそこに居て、何のストレスも見せずにばささっとゴミ箱に捨ててしまいました。う〜ん、優しい様な、悲しい様な…。出来たてのものを捨てるのに抵抗のある自分です。こういう場合は少し置いて、カビでも生えるまでみとってやり、もう救い様がなくなったと、捨てたいのです。そういうアホらしい儀式をやらないと、なんか捨てにくいんだよね〜。今回誰も見ていなかったので、まだ熱いうちにビニール袋に入れてみました。

その上、食べてみました。

意外と好みの味でビックリ。重くて、ねっちりしているのだけど、ふわっとしたパンになってしまっては、もはや前面にでて来ないでんぷん万歳!な甘みと小麦味が強くて、思わず綺麗に薄くスライスして美味しい紅茶やワインと食べたくなりました。その上、味が濃いから何もつけないで満足なのです。

….と絶賛しましたが、あんまり賛同をいただけるモノでもないし、第一、こういうものを好きって、なんか痛々しい…かな? と思います。ケーキを作った後の泡立てやボールのクリームを指でとって綺麗になめるのと同じか。とりあえず、ウチでは他のだれも見向きもしなくて逆に安心しました。痛い自分を受け入れて、ひとりでこのまんじゅうを制覇できたら1.5キロ余分に太りそうです。


続きを読む >>
| 日々のネタ | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0)
お花見にてくてく

雨の後でも桜の花がよく保っていますね。昨日の午後はぶらぶらと源氏山まで行ってきました。子供の頃、年中遊びに行った近所の公園ですが、なんと、鎌倉時代はその辺り一帯刑場だったそうです。さすが古都、昔は何をしていたのかわかったものじゃありません。小学生の頃には、まだ源氏山公園になってなくて、葛原岡神社と石碑があるだけでした。今では綺麗にしてちゃっかり縁結びの神社とか書いてあったけど、当時はずいぶんとひなびた雰囲気だったものです。山全体少しずつ整備してきて、気がついてみると、趣の違う広場がいくつもある、桜の名所といわれるようになったのです。大したものですね。今日は公園のいたるところで団体さんがレジャーシートでお花見していました。

桜も満開でしたが,巨大な咲き分けの椿も見事。そして地面を見ると野の花で一杯でした。ぶらぶら歩いて、野の花や春の生き物を見ると,どうしても、日々目的もなく戸外でうだうだしていたこども時代を思い出します。

つくしとか、ホトケノザとか、紫華鬘とか、ハナニラとか、オタマジャクシを見て、ワクワクしてしまいました、安上がりですね。

そんな訳で、桜は綺麗だけど、実はそこらの地面に生えている植物が楽しいです。よく見るととても面白いかたちをしていたり、それぞれレア度が違っていたり、あっ、ひとつネット植物図鑑で見てもどうしてもわからない白いお花がありました。何だったんだろう…、気になります。基本雑草ですから少しくらい摘んでも誰も怒らないし。まったく褒めて育てていないのに、毎年同じころになるとざくざく生えてくるのってすごいと思いませんか??ただの近所の春の野原でこれですよ。

ムラサキケマンはけっこうハデハデのマメ科の植物です。夏になると豆の莢が出来て、触ると、くるりと跳ねて弾け飛ぶのがお楽しみ。

ハナニラは、可愛い薄いブルーや白い星の様な花ですが、摘んだらぷーんとイヤな匂いがする上に、裏から見ると蛇を思わせる黒い縞が入っていて、あるとき、突然恐ろしくなって投げ捨てた思い出があります。

つくしは食べられるだけに当時それなりにレアでしたw。今ではつくしの生えている乾いた土手などあちこちにありますが、自分が子供の頃は、活動範囲につくしの生える場所が少なかった様な気がします。
 

昔の北鎌倉は、今よりずっとうっそうとしていて 日当りが悪く湿っぽかったことに気づきました。宅地が増えて 木が切られ、日当りの良い乾いた場所がメインになってきたので、つくしも道の際などに気軽に生えているのですね。乾いた明るい環境で外来植物も繁茂しているのでしょう、雑草も、花木も昔に比べてバラエティに富んでいて、ずっとハデなのです。

そうそう、つくしですが、タマビに入学した春、校舎の周りが崖の様になっていたのですが、そこにつくしが芝生程の密度で生えていて、つかみどりして、大きなかばんにぎゅうぎゅうに詰めて帰った事がありました。家で煮付けを作ろうとしたのですが、袴をとっていたら、一日かかった、両手の爪が灰汁で真っ黒になってしまいました。煮付けも主食になる程の量ができて、あんなにいっぺんに沢山食べたのは初めて。つくしの春らしいほろ苦さが好きです。

晴れた桜日和に少しだけつくしを摘んだり、子供の頃のおなじみの春の花を見ながら,カエルの声を聞いて帰ってきました。満足。JUGEMテーマ:お出かけ 
 
続きを読む >>
| 日々のネタ | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0)
今年も宜しくお願いいたします。

2014年,明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年は年末から両親の介護認定などで色々あって、すべて押せ押せモードに。その上、昨日は救急で病院に行ったりで、何もしないまま三が日が過ぎてしまいましたぁ。両親もかなりガンコで、介護保険を使う事をかたくなに拒否してきたのですが、とうとう今年から二人ともにケアマネージャーの方がついて下さる事になりました。長年手探りでやってきたのが、とうとうプロの方に相談できるというだけで、随分安心できます。


しかし、それと同時に、私と両親だけの気密空間で、常識はずれなことが沢山ある様で、これから改善へと動かなくてはならなそうです。ガンコ者の父なので、ちゃんと進めて行けるか心配。しかし、その日暮らしでやって行こうと思います。少なくとも、世話の押し売りはゼッタイ無理ってことは、さすがに学んだ自分です。10やっても、受け入れられるのは、2くらいで、殆どは、どちらが悪いのでもなく、ただただ無駄に終わるのです。


なんか今後「介護ブログ」の様になりそうで、少し心配なのですが、なるべく私も外に出れる時は出て、わくわくって気持ちを全て捨ててしまわない様にしたいです。子供の頃の泳ぎに行く時の、コンサートが始まる前の、クリスマスのライトを見る時の、プレゼントをあげたりもらったりする時の、お菓子を焼いている時の、服や靴を買いに行く時の、ワクワク感をちゃんといつなんどきでもw 思い出せる様にしたいです。


下の絵は年賀状用に印刷したのですが、結局まだ書けていない…すみません。なので、こちらにもアップしてしまいます。ヒヒ〜ン。


 
| 日々のネタ | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0)