第14回tis公募-受賞作品展覧会&クエい兄弟展覧会

10月5日より、私の所属している東京イラストレーターズソサエティの公募展が始まります。私この公募展の委員の一人で、パンフレットの計画とか、審査の時のお手伝いとか、継続して関わってます。応募してくださる方々の作品も毎年見ることができて、楽しみなお手伝いです。

 

今年も入賞入選作品の37展が青山のGallery 5610で展示されます。お近くにいらしたらぜひ覗いてみてくださいね。

 

 

また期間中には、イベントもあります。

 

 

13日には大橋歩さん×山口はるみさんのトークショウ、司会は網中いづるさんです。濃い話が聞けそう。

そして、15日にはイラストレーションクリニック、イラストレーター稼業準備中の方、またTISのイラストレーターからカウンセリングを受けたい方、作品拝見いたします。定員ありますので、連絡してみてね。

ドクターは、いとう瞳さん、影山徹さん、ヒロ杉山さん、どちらもイベントも凄いメンツでしょ。どうぞよろしくお願いいたします。

 

それと、もう一つ宣伝があります。受賞作品集の販売、毎年委員がアレヤコレヤ工夫を凝らして進化させている…つもり、の素敵な冊子があります。今年はコンテンツをますます充実させました。ご来場の際には是非お手に取ってみてくださいね。

 

以上、宣伝でした。

 

******************************

 

もう一つ、実はずいぶん前の晴れの日に(この頃少ないよね....)葉山の県立美術館でクェイ兄弟の展覧会見てきました。

 

 

現在60代くらいのアメリカ人の双子映像アーティスト。人形とセットで作り込んだアニメでカルトな人気作家です。今回知ったのですが、MTVの製作も手がけていて、ピーターガブリエルのビデオ「スレッジハンマー」も彼らの作品だった。他にエディトリアルデザイン、舞台セットなど幅広く仕事していた。

 

80年代NYで、クェイ兄弟の人形映画を見た覚えがあるのだけど、それがどの劇場だったか、短編だったのか、誰と行ったのかも忘れてる。でも、映画の印象は強く濃く覚えているんだけど…。95丁目くらいにあった日替わりで名画を見せるTHALIA シアターだった気がするも、実は全然違うかもしれない、ってのは、その頃通ってた映画館はもうほとんど閉館しているんですよね。

 

せっかくこんな企画が地元に来ているのだからと、日影さんの車に乗せてってもらって、かまたいくよちゃんと三人で出かけた。当時二人は私のNYの先生。色々面白い場所とか教えてもらっていたから、もしかして、一緒に行った?と聞いてみたけど、それも違ったみたい。一人で行ってたのかも。

 

80年代NYではポーランドのポスターアートが一斉を風靡していたみたいで、私が覚えているのは、ゴロンとおおきな目玉と骸骨に芋虫が這いずりまわってるとか、不吉な黒い鳥の影とか、そんな暗くてグロい画面をキリッとシャープな手書きレタリングまたはタイポグラフィーがで引き締めているような社会派ポスターたち。クェイ兄弟も東欧デザインから強い影響を受けてて、デザインソースとなったポーランドのポスターも数点展示してあった。

 

今もう一度見てみると、クエイ兄弟の、頑固一徹な姿勢と重厚な作りに感動、平面の作品にはペンのストロークが繰り返し使われていて、日本では、ペンはコミック的な硬めな線になるけど、西洋のスクリプトのストリームラインも改めて素晴らしいものよね。それから暗くて怖い場面でも、ちょっとくすくす笑いたくなるようなところは、つげ義春とか、80年代ガロで花開いた日本のアンダーグラウンド漫画も思いおこさせます。いつでも地球的に人は影響を与え合っているみたいですね。

| イラストレーション | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0)
トークショウに来てくださった皆様、ありがとうございます、ちょっと遅いけど。

いやはや、何をやってもグズグズしている自分ですが、28日水曜日(遅くてすみません)東京イラストレーターズソサエティ「158人の漱石」イベントのトークショウに参加しました。いつもPCに向かってコリコリ描いているか、またはご飯作って掃除をサボっている自分なので、一人以上の人前に出るのって、随分おおごとなのです。前から喉に小骨が刺さったような感じがあって、でも終わると、ほんと楽しかったな〜って、キラキラしてて素敵かも〜って…めんどくさいやつだよ。

 

漱石研究学者、そして、9条の会を背負っていらっしゃる小森陽一先生と、編集者の後藤明夫氏、そして、イラストレーターズソサエティから自分を含む3名、で前のブログで宣伝したように、イラストレーターが漱石のなんでも質問できちゃう!トークショウ。質問するだけなので、本来私が緊張する必要なんてなかったのです、とほほ。

 

しかし、漱石なんて、高校生以来という不勉強で焦ってしまったのよね。展示のために、「吾輩は猫である」「こころ」「坊ちゃん」を読んだので、トークショウのために、「明暗」「それから」「門」「三四郎」他にもちょろちょろ読んだ。お終いには頭の中が全部ごっちゃの漱石鍋みたいになってしまったのだけど、16歳の自分(って、恐ろしいほど他人感があるよ〜)には到底わからなかった面白さが降って湧いてきて、夢中になってしまった。やっぱし、歳は取ってみるものね…..かな…?

 

で、散々自分的には努力してた、ある日、ひらっと財布から出た千円札の漱石先生が、「一生懸命もいいが、結果は同じだよ」ってヒゲの下からニヤッとした風に見えた。さすがですな、まだ漱石の魂はこの世のすぐ近くに濃ゆくいらっしゃるのかも、なんせお札があるくらいだものね。しかし、言い訳なしに、ソファでごろごろ伸びて読書三昧、なんてまあ暑くて贅沢な夏だったんだろ。

 

今更ですが、一昨々日、小雨の中、お忙しいお時間を割いて、参加してくださった80名近くのお客様、ありがとうございます。小森先生のお話が面白すぎて、私なんて段に座っているのも忘れて、聴き入っちゃった。お客様に書いていただいたアンケートでも素晴らしく好評だったみたいで、嬉しいわ〜、お陰さまだよ、感謝です。

 

トークショウの初めに、司会の後藤明夫氏が学生時代の師であった小森陽一先生を紹介してくださったのだけど、師弟愛溢れまくった素敵な暴走があって、そこがもうリアル漱石ワールドみたいだったし、地層みたいに掘っても掘ってもまだあるような小説を書いた漱石も当たり前に素晴らしいけど、掘って掘って、宝探しする研究家もすごいなあ。自分レベルでは、今後の楽しみのために、あちこちそこいらで掘って見つけて喜ぶ作業をしてみようかな、なんて。

 

来年には漱石美術館もできるようです。楽しみですね。

 

ロンドン風スタイル_夏目漱石

 

今日のおしまいですが、↓この展示、6日木曜日までです。

 

*******************************

「158人の漱石 100年後ノ我輩、こゝろ、それから・・・・・」

 

22回目となる東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)の展覧会。

今年のテーマは、没後100年を迎えた夏目漱石です。若き日の松山、熊本、ロンドン滞在を経て、

新しい時代を模索して格闘した日本の文豪に、100年後のそれからを重ね合わせる、

総勢158人のイラストレーションによる時間旅行をお楽しみください。

 

• 2016年9月6日(火)〜 10月6日(木)

 

• クリエイションギャラリーG8

• 〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F TEL 03-6835-2260

• 11:00 〜 19:00 • 日・祝日休館

• 入場無料

主催:東京イラストレーターズ・ソサエティ

協力:クリエイションギャラリーG8

用紙協力:株式会社 竹尾

 

********************************

 

ちょっといいかも、って思われた方、ぜひ足を運んでみてくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

| イラストレーション | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0)
クリエイティブサロン「教えて小森さん、オールアバウト漱石」が開催されます

9月28日水曜日 19時10分より(ありゃ細かくってすみません)「158人の漱石 百年後の吾輩、こゝろ、それから……」展の関連イベント クリエイティブサロンが開催されます。

 

今年は「教えて小森さん、オールアバウト漱石」夏目漱石研究の第一人者、国文学者の小森陽一氏をお迎えし、いろいろ質問しちゃおうぜという、贅沢なサロンになるのです、涙。

甚だ図々しいのですが、ひとりアホ代表として私も出演しちゃいます。アホなりにもう一度漱石を読み直し、無駄な努力はしていますが….。面白いと同時に人間ってけっこうスカスカ脳みそと充実脳みそのギャップはでかいなあ、とか、感じつつ…。質問するだけなのですが、もうすでにキンチョーの夏日本の夏(あ、もう秋ですね)気分です。

さ、こんなバカ言ってないで、さっさとちゃんとしたテキストをいれますからw

 

*****************************
9月28日はクリエイティブサロン!


「158人の漱石 百年後の吾輩、こゝろ、それから……」展の関連イベントとして、9/28(水)にクリエイティブサロン(トークショウ)を開催いたします! 入場無料の気軽なサロンですので、みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

 


日時/9/28(水)19:10〜20:40


会場/クリエイションギャラリーG8


出演/小森陽一(国文学者)、後藤明夫(編集者)、浅妻健司(TIS会員)、斉藤美奈子ボツフォード(TIS会員)、二宮由希子(TIS会員)

 

入場無料 要予約(TEL 03-6835-2260)

 

 

***************************

 

素敵! 緊張するけど、スカスカ脳から湧き出る質問はけっこういろいろある。

質問すると、へんなものでも、とりあえず褒められる小学生になった気分、

.....いや、質問はちゃんと、事前によくチェックしてもらうつもり。

 

漱石読んだ(読まされたのは)高校時代、カトリックの学校だったので、倫理の授業で「こころ」をこってり読まされた。明治の話がカトリックの学校では、あたかも現在進行形気分で勉強して、そ、そ、そこまで一途を推奨しているのかぁ、この学校...って、けっこうくら〜い気持になったの覚えています。今読むと、面白いな、あんなに極端にならないまでも、心のどっかを何かと交換に殺しちゃうことはままあるものね。

 

サロンの他の質問者はめちゃくちゃシャープなイラストレーターだし、なんつったって、主役は小森陽一先生です、その上編集者の後藤明夫氏が司会、豪華ですね♬

楽しいよ、きっと、万障お繰り合わせの上、是非是非来てね〜w 

あっ、その前に忘れずにお席予約してくださいね❤️

 

入場無料 要予約(TEL 03-6835-2260)

 

 

| イラストレーション | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0)
158人の漱石 100年後ノ我輩、こゝろ、それから・・・・・

突然ですが、明日から東京イラストレーターズソサエティの展示に参加いたします。

 

********************************

 

「158人の漱石 100年後ノ我輩、こゝろ、それから・・・・・」

 

22回目となる東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)の展覧会。

今年のテーマは、没後100年を迎えた夏目漱石です。若き日の松山、熊本、ロンドン滞在を経て、

新しい時代を模索して格闘した日本の文豪に、100年後のそれからを重ね合わせる、

総勢158人のイラストレーションによる時間旅行をお楽しみください。

 

• 2016年9月6日(火)〜 10月6日(木)

 

• クリエイションギャラリーG8

• 〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F TEL 03-6835-2260

• 11:00 〜 19:00 • 日・祝日休館

• 入場無料

主催:東京イラストレーターズ・ソサエティ

協力:クリエイションギャラリーG8

用紙協力:株式会社 竹尾

 

●オープニングパーティー 9月6日(火) 19:00 〜 20:30

 

●夜店2016(ニイマルイチロク)

9月14日(水) 18:30 〜 20:30

TISが誇る作家陣がレアグッズ、手作りグッズを携えて一日限定のオリジナル店舗を展開。

今年はよりお客様参加型の楽しいイベントを計画しております。

イベントの詳細は、決まり次第ウェブサイトに掲載いたします。

 

●クリエイティブサロン

9月28日(水) 19:10 〜 20:40

「教えて小森さん、オールアバウト漱石」

出演/小森陽一(国文学者)、後藤明夫(編集者)  

浅妻健司(TIS会員)、斉藤美奈子ボツフォード(TIS会員)、二宮由希子(TIS会員)

要予約(TEL:03-6835-2260)

※8/22(月)より予約受付開始いたします

 

*****************************

 

告知がいつもながら遅くなってしまいました。

そんなわけで、明日はオープニングパーティー、

お近くにいらしたら、是非是非のぞいてみてくださいね。

私も現地におりますので、声かけてください。

漱石の絵はかな〜り難しかったのですが、

他のメンバーの方の絵はみんな素晴らしいです

 

このポスターの絵、水沢そらさんの作品ですが、

素敵! 原画を早く見たいものです。

 

| イラストレーション | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0)
Cosmic Fushion IV

JUGEMテーマ:お出かけ

遅い告知で、今日から!になってしまいましたが、O美術館で開催されるCosmic Fusion IV に参加いたします。写実系のイラストレーターの祭典!アイボのロボットやエロいハイパーリアルな作品で世界的な空山基さん、スターウォーズのポスターやとんでもない歴史の武将なんかまるで生きてるみたいに描かれる長野剛さん、書籍の表紙で、うっとりする不思議な色合いの超絶リアルの影山徹さん、そして、この展示をプロデュースしている天然の環境を濃くゴージャスに描かれる玉神輝美さん、など、濃ゆいメンツがぎっしり!!お恥ずかしいのですが、そういう世界では全くちゃんと描けていない私もひっそりと参加させていただきました...。

 

そんなわけで、写実イラストレーション好き!という方にはとても見ごたえのある展示です。毎日都内ではたくさんのイラストレーションの展示がありますが、写実の巨匠がこんなに集まる機会はちょっと珍しい、是非足をお運びくださいね。大崎駅からすぐそこ。31日、日曜日にはライブコンサート、1日、月曜日にはデモンストレーションもあります。

 

わたしも今日は舐めるように見てくるつもり。…まあ、見たって、今更真似もできない凄さの皆さんなんですけどね。しょうがないから私はデッサン力じゃなくって、女子力だけで勝負のつもりwの2点出しています。

 

*******************

 

イラストレーター玉神輝美氏主催、イラストレーターを中心にのべ60名の精鋭達が集うの大きなアート展です。これだけのアーチストが揃うのも大変貴重です。ぜひ、この機会にご高覧ください。
開催日時
7月29日(金)〜8月3日(水)
10:00〜18:00
(初日15:00開館/最終日16:00閉館)
開催場所:大崎オー美術館(JR大崎駅東口北改札よりほぼ直結)
東京都品川区大崎1−6−2 大崎ニューシティー2号館2階


イベント
7月29日/オープニングパーテ(15:00〜18:00)
7月30日/ツルノリヒロ ライブ(15:00〜)
8月1日/ミニパーティー&作家によるデモンストレーション
(13:00〜 デモンストレーター玉神輝美/Mari他)

 

O美術館

 

JR大崎駅・北改札東出口より徒歩2分 

 

<出展作家>

空山基 大西將美 佐藤忠雄 八百板浩司

小田隆 石山博司 牧野鈴子 江口あさ子

斉藤美奈子ボツフォード 影山徹 長野剛 

ツルノリヒロ kao テツ山下 山口まさよし

岡田尚子 松岩邦男 津田のぼる 水野行雄

つだなおこ 梅川紀美子 樋口裕子 中村豪志

オガワヒロシ 田川秀樹 Mari たぶき正博

小松原英 石川日向 YOUCHAN 武藤修

松林淳 かとうくみ 長澤星 小熊サトイ  

菅ナオコ 斉藤高志 山口直久 三反栄治

河野剛広 田原尚子 aruf 彼方彩 

山口瑛未 MiyamaAyumi 堀乃布子

しらとあきこ こよ siozakimiu かち

大下詠子 磯谷真美 石川由起枝 大国孝正

大澤淳 小林真宇志 後藤奈々子 白羽貴恵

西村あい子 塚谷洋子 河口英世 中島智子

長浦将也 玉神輝美

 

 

 

 

| イラストレーション | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0)
選挙&きずな展

JUGEMテーマ:お仕事のイラストレーション&デザイン

もうじき選挙ですね。憲法改正やら、放射能問題、較差社会、超少子化。どうするんだよ〜っ!考えるたびに暗澹たる気持ち。10日の投票率は限りなく上がって欲しいです。私はもうず〜っと不正選挙が行われているんじゃないか、と疑ってますが、投票率が派手に上がれば、不正しにくくなるのではないか…と少〜し期待しているのです。

 

そもそも投票所が閉まって時計が8時を指して数分でなんで当落がわかるのかが、未だ解せません。出口調査からわかるとか、なんちゃらかんちゃら聞いてはいますが、そんなに出口調査やっている???私は以前投票所に出張ってみたのですが、出口調査のお嬢さんは数時間いてさっさと帰ってしまいました。その上、居る時間さえも、全員に聞いているわけではなかったもの。どうやったら、そんなゆるい調査をそこまで信じられるものだろう。後で投票用紙をしっかり数えたら、あら、いやだ、実は落選だったとか、そんな事故は起こっていないのかしら?

 

テレビの選挙番組が派手になればなるほど、怪しさがいや増してしまいます。統計はもういいから、手で数えてから、結果発表して欲しいのは私だけ???投票用紙を数える会場も今回は見学に行きたいな〜と思っています。最寄りの大きな体育館で9時からやっているようですね。写真撮影も可能ということなので、いいブログネタになりそう…って、思いっきり放置ブログのくせにな〜w

 

まあ、とにかく少しでもたくさんの人が投票してくださいますように、祈。それでほんと〜に!皆さんの考えが反映されているのだったら、とりあえず了解ということにいたします。

 

ところで、

平成28年熊本地震復興支援 クリエイターズ・チャリティー

きずな展 に参加しております。

 

 

 

素敵な作家さんがたくさん出しておられるのですが、何と(!)5000円からのオークションで作品購入の入札できてしまうのです。うっかりすると、原画額付きが5000円で手に入ってしまうかもしれません。お得ですよん♬ 売上金は全額義援金になりますので、残念ながらおめあての作品の落札ができなかった場合でも、ポストカードなどお買い求めいただけたら被災地も私も皆さんも、きっと嬉しいと存じます。

| イラストレーション | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
LINEスタンプ自主制作&オートミール

LINEスタンプを作成してみました。自分の線画キャラクターをもう少し成長させたくって、40個のスタンプを「修行だぁ〜っ!」のつもりで描きました。けっこう大変だったし。「お洒落女子友」というタイトルです。一人のキャラクターを40個も描ける自信がなかったので、こんな友達可愛い!というコンセプトしました。「承認」されても、その時うっかり家庭内に色々あって、放置してしまったので、残念ながら売れたりはしなそうです。 それでも、キャラクターの顔の表情とか、今までちゃんとやりたくても無視してきたあれこれを学べた気がします。今月は展示に1点づつ出す色々が待ち構えているので、どうせ天気悪いし、精進して線画水彩にも力入れられたらな。

 

 

 

 

ところで、このごろオートミールの朝食に凝ってます。干しサクランボと、アーモンド、ココナッツ、薄いブラックチョコの細かく砕いたの、メープルなど入れて、オーブンで焼いたグラノラはおやつにも朝食にも便利。あらら、チョコは最後に入れてね。そんな手間かけなくても、そのままのオートミールに米の水加減くらいの水と塩ひとつまみでチンして、すこし粘るよう混ぜるだけ。実はこれ夫のおふくろの味だったそう。ゆるくとろりとした湯気の立つオートミールに、少し塊を残したままの黒砂糖をかけて召し上がれ、です。夫にとっての黒砂糖の塊って、どうも私のアイスクリームの端っこの氷シャリシャリ、みたいな感じだったみたい。

 

 

 

で、美味しいだけじゃないんですw。オートミール食べてると、なんかお腹の調子が最高。ひょっとしてお腹周りを中心に細くなるかも…..?なんか、とんでもなく繊維が入っているみたい。。。。。気になって調べてみたら、ほんとだ!穀類の中では最高の食物繊維というじゃないの!! 試してみてね、よかったら。で、ついでに書いてしまうと、コストコで買った大箱のオートミールは、オーツ麦そのままで、実際ムギの形をしているの。なので、私はまとめてフードプロセッサーでほどほどに細かくしています。グラノラ作りには大粒が丁度いいけど、煮て食べる場合にはすこしボソボソする。また、挽いて細かい粉なった部分がクリーミーな質感を出すから、一手間がオススメ。個包装でスーパーに売っているオートミールはちゃんと最初から細かくなってます。

| イラストレーション | 11:02 | comments(2) | trackbacks(0)
キレートレモンの広告

ご無沙汰です。先週から出ているキレートレモンの広告、篠原涼子さんのポスターを描きました。4種類のグラフィックの中の一つで、中吊りのメインビジュアルの周囲に散りばめられている一つです。手書きの日記風のコピーが素敵な広告なのですが、実は色々あってまだ見ていないのです、とほほ。これじゃ見ないうちに終わってしまいそうなので、せめてブログに書こうかな。久しぶりだし。

 

 

ちょっと見、写真と思われそうなのですが、実はけっこう力入れて写真の上にフォトショップで描写しているのです。人間の目って、意識で様々なピントの合わせかたができますよね。心を置いたところがジャスピン、またはそれ以上になる様な描き方も可能なはずです。そういうつもりでガシガシしあげてみました。また、篠原涼子さんの、お姫様時代のオードリーみたいな感じをマックスに強調したいな〜って心がけて描きました。4種類のポスターや、メトロの大きなビルボードにもなっているようなので、終わらないうちに見に行きたいのですが、もう無理かな、とほほ。

 

この頃ラインドローイングも楽しいけど、やっぱり人間の、それも美人の目や口や表情をツヤツヤ、うるうるに仕上げるのって、かなり麻薬的。描いているときは、自分の心と完全に一致して変化していく錯覚に陥ります。

| イラストレーション | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0)
ピースカード展に参加しています。

第28回ピースカード展がはじまります。



【会期】105()10() 11:3019:00 最終日17:00まで

   ☆初日517:00〜オープニングパーティ(誰でも参加可)


【会場】ギャラリーハウスMAYA2

107-0061 東京都港区北青山2丁目1026 MAYA2 TEL 03-3402-9849


【原画展参加者】

青木くるみ/青山タルト/あらいしづか/inorisaotome/ウエタケヨーコ/ウミノカズコ/大須賀理恵/河合美波/北沢夕芸/くまあやこ/クロエドールゆう子/斉藤美奈子ボツフォード/櫻井砂冬美/佐藤豊彦/城芽ハヤト/スガミカ/鈴木ゆかり/平小夏/高橋みわ/田尻健二/田中彰伯 /田中ひろみ/谷口シロウ/那須慶子/那須香おり/南村盛壮/陽菜ひよ子/ヒロミチイト/藤島つとむ/MAKO okestudio/みちようこ/ミネタトモコ/みやかわさとこ/宮原あきこ/諸戸佑美/山口マオ/山福朱実/山本祐司/吉澤つぐみ/吉田利一/吉田美穂子/招待作家・北見隆/えつこミュウゼ/篠崎三朗/山口はるみ/和田誠



私は9日金曜日11時半くらいからお当番で在廊しています。お近くにいらしたら、是非覗いてみてくださいね。


ところで、この夏は安保法案も可決したり(ほんとに可決したのかいな….??)うっかりしていたら、戦争のまっただ中に放り出されそうな雰囲気。 戦争って、主義とか、自分の仲間を守るとか、そういう、一見キリッとなっちゃう人たちを喜ばせていそうで、実は超大会社とか、油田とか、兵器産業もってる人のためにあるよね。つくづくそういう方々のお金儲け。いやはや、ミサイル一個1000万円位するらしい。在庫を爆発させて、新規に作って、そして、荒れ野原にインフラ作ってまた儲かる。その間、戦争だって理由で、殆どの人は活動を制限されるし、ほとんどタダで人が使える。もういい加減、悪循環を断ち切れたらな。....などと想いながら、宇宙人とか女の子とか描きました。思っただけじゃ、なんにもならないんですけどね。せめて、デモに参加するとか、政治家さんのオフィスやテレビ局に抗議電話するとか、地味にやっています。....いや、テレビ局もきっと抗議電話多いのでしょう、なんか対応がめちゃくちゃ慣れてる感じがするこの頃です。

やっぱし、わたし的には、どう考えても胡散臭い不正選挙だな、これを見張っとかないと未来は無さそうな気分。




| イラストレーション | 15:41 | comments(2) | trackbacks(0)
コイケヤハッシュの車内吊り、女性専用車にて♡

こんにちは。

昨日わざわざ(と言っても近所なのですがw)用もないのに根岸線に乗り、コイケヤ ハッシュの車内吊りの写真撮りに行ってきました。8枚組の広告のイラストレーション描きました。一週間くらい女性専用車はこの広告一色になっているみたいです。いえ〜い。


あと、コンビニにもPOPがあるみたい。と言いながら地元のコンビニにはなかった〜。コイケヤ ハッシュって、じゃがいものみじん切りをまとめてフライにしたハッシュの食感とアメリカンなタルタル味とかあるみたい。はやく手に入れて食べてみたいものだw。オフィスや外回りのハードワークで小腹が空いた女子が、さくっと食べられるようにパッケージやスナックの形に工夫が凝らしてあるのね。


何を隠そう自分かなりのジャガイモ好きなので、食べるときはなるべくハマりすぎないようにしているのですが、袋が小さいってなかなか喜ばしいことですよね、汗。







ビンテージピンナップガールのお茶目でちゃっかりした表情を出すのに苦心しました。

1950〜60代の超画力のある広告アーティストから学びながら描くのが楽しかった。

非日常だけど、イキのいい、働く女子が描けていたら、と思います。


| イラストレーション | 14:37 | comments(6) | trackbacks(0)